幼児食・離乳食

初めての離乳食でも心配しないで!離乳食の進め方と注意点を紹介

こんにちは。ひとみです。

子供が4〜5ヶ月ごろになると離乳食のことを考え始めますよね。

私は息子が5ヶ月の時に離乳食を開始しました。

最初は、

  • アレルギーが出たらどうしよう
  • 全然食べてくれない
  • どんなものを作ればいいのかわからない

と悩んで、いろんな人に相談していました。

息子はもう2歳半になったので、今は離乳食を卒業して大人と同じご飯を食べています。

離乳食は始める前は緊張しますが、やっていくうちに慣れていきますよ。

 

今回は離乳食の時期を無事終えた私が、離乳食の進め方や注意点を紹介します。

  • 生後4〜5ヶ月の子供がいる
  • 離乳食を始めようと考えている
  • 離乳食の全体のスケジュールが知りたい

というあなたはぜひ読んでみてください。

離乳食の目的ってなに?

離乳食を食べる赤ちゃん

離乳食の目的は、母乳やミルクなどの液体から栄養をとってきた赤ちゃんが、液体以外の固形物から栄養がとれるようになることです。

離乳食を始める5~6ヵ月に液体に近いトロトロのペーストから始め、離乳食が完了する1歳~1歳半にほぼ大人と同じ料理が食べられるようになることが目標。

基本的に味付けはしないで進めていきます。

離乳食の進め方は子供のペースを第一に考えて、

  • 体調はどうか
  • 食材が硬すぎる、または柔らかすぎないか
  • 量は多すぎないか、または少なすぎないか

を日々観察します。

離乳食期間の栄養は母乳やミルクが主なので、栄養についてはそんなに考えなくても大丈夫。

離乳食ではいろんな食材の味や硬さに慣れさせるのが大事なので、「離乳食って大変そう・・・」と感じるかもしれませんが、無理しないで市販のベビーフードも活用していきましょう。

離乳食はいつから始めればいいの?

子供によって開始する時期は異なりますが、大体5〜6ヶ月頃が適切です。

  • 首のすわりがしっかりしている
  • 支えると座ることができる
  • 食べ物に興味を示す
  • スプーンを口に運んでも嫌がらない

という状態であれば、離乳食を開始しても大丈夫。

『10倍がゆ』から始めてみましょう。

離乳食の進め方(スタート〜完了)

5〜6ヶ月ごろ

  • 離乳食の回数:1日1回
  • 母乳:欲しがるだけ
  • ミルク:1日5~6回で合計1000ml~1400ml程度

子供が食べ物に興味が出てきたら離乳食を開始してみましょう。

離乳食の栄養は気にせず、食べることに慣れさせることが大事です。

離乳食を開始してから1ヵ月程度たったら2回食にステップアップ!

7〜8ヶ月ごろ

  • 離乳食の回数:1日2回
  • 母乳:欲しがるだけ
  • ミルク:1日5回で合計1000ml~1200ml程度

お座りが安定して、モグモグ・ゴックンができるようになったら、舌とあごでつぶせる硬さに挑戦です。

たんぱく質と野菜の種類を増やしていきましょう。

9〜11ヶ月ごろ

  • 離乳食の回数:1日3回
  • 母乳:1日5~8回ぐらい
  • ミルク:1日4~5回で合計400ml~1000ml程度

食べ物に手を伸ばすようになってきたら、バナナぐらいの硬さに挑戦!

手づかみ食べのメニューも増やしていきましょう。

この時期から家族で一緒に楽しく食事をするのがオススメです。

1歳〜1歳半ごろ

  • 離乳食の回数:1日3回+補食
  • 母乳・ミルク:卒業を考える時期

スプーンに興味が出てきたら、ステップアップ!

煮込みハンバーグぐらいの硬さに挑戦です。

スプーンにも挑戦していきましょう。

この時期からは栄養のほとんどを離乳食+補食でとる必要があります。

補食は足りない栄養を補うためにあるので、お菓子のような甘いものではなく、フルーツやおにぎり、サツマイモなどにしましょう。

離乳食を進めるときの注意点

注意のマーク

初めての食材は平日の午前中に1さじから

初めての食材は1日に1種類で、食べさせる時は必ず1さじ(スプーン1杯)にしましょう。

どんな食材にもアレルギーの可能性があります。

1さじ程度だったらアレルギーの症状が出ても重症化することは少ないです。

また平日の午前中に初めての食材を食べさせることで、もしアレルギーが出たとしても午後に病院に行くことができます。

初めての食材は平日の午前中に1さじ!

大事なことなので覚えておきましょう。

ハチミツは1歳を過ぎるまで食べさせない

絶対に1歳未満の子供にはハチミツを食べさせないでください!

ハチミツにはボツリヌス菌というものが存在します。

大人はボツリヌス菌を摂取しても腸内細菌がやっつけてくれるので大丈夫ですが、子供はまだ腸内環境が整っていないためボツリヌス菌に負けてしまいます。

そのため1歳未満の子供がハチミツを食べてしまうと、乳児ボツリヌス症を発症する危険性があります。

実際に1歳未満の子供がハチミツを食べて、乳児ボツリヌス症を発症して亡くなったケースもあります。

乳児ボツリヌス症で初の死亡例 ハチミツ与える

ボツリヌス菌は熱に強いので、加熱しても死ぬことはありません。

絶対に1歳未満の子供にはハチミツを食べさせないようにしてくださいね。

栄養は基本的に母乳やミルクからとる

離乳食の期間にも母乳やミルクを与えます。

母乳やミルクの量も減らしていく必要がありますが、9ヵ月までは離乳食の栄養を真剣に考えなくても大丈夫。

離乳食は食事の練習です。

栄養よりも、食事の楽しさやスプーンの使い方、いろんな食材の味を教えていきましょう。

子供のペースで進める

離乳食の本やネットには、

  • ◯ヶ月には1日◯回
  • 食材の硬さはこのぐらい
  • 量はこのぐらい

と書かれていますが、それはただの目安です。

歯の生え方にも個人差があります。

食べる量も人それぞれ。

他人と比べるのではなく、子供の様子を見ながら離乳食を進めていくようにしましょう。

無理はしない

離乳食の期間は大体1年です。

  • 離乳食はいつも同じ時間にあげる
  • ベビーフードには頼らない
  • 出汁をとって絶品料理を作る

など自分に厳しくすると離乳食を続けるのが大変になります。

離乳食はご飯が食べれるようになるための練習です。

時間を決めたり、手作りにすることはいいことですが、たまには自分を甘やかすことも大事ですよ。

自分を追い詰めることはせずに、「まぁいっか」精神で離乳食を楽しみましょう。

まとめ:子供のペースで離乳食をやってみよう

離乳食でべとべと子供がだいたい5ヵ月ぐらいで、

  • 首のすわりがしっかりしている
  • 支えると座ることができる
  • 食べ物に興味を示す
  • スプーンを口に運んでも嫌がらない

という状態であれば離乳食を開始してみましょう。

離乳食の期間はだいたい1年程度。

離乳食を進めるうえでの注意点は、

  1. 初めての食材は平日の午前中に1さじから
  2. ハチミツは1歳を過ぎるまで食べさせない
  3. 栄養は基本的に母乳やミルクからとる
  4. 子供のペースで進める
  5. 無理はしない

離乳食の間はアレルギーには気を付けてください。

アレルギー反応が出たらすぐ病院!ですよ。

離乳食に慣れないうちは大変なので、市販のベビーフードを使ったり、多めに作って冷凍しておいたりしてやっていきましょう。

また離乳食を開始する前に離乳食の本を買っておきましょう。

値段:1540円

レシピだけでなく、アレルギーのことや与えてはいけない食材、離乳食を作るうえでの注意点なども紹介しているので、離乳食を開始するなら必ず買っておくべきです。

私も離乳食を作っているときはすごくお世話になりましたよ。

以上です!

関連記事

ABOUT ME
ひとみ
3歳の息子を育てている29歳の主婦ブロガー。 離婚調停が成立して、2020年9月からシンママになりました! これからは再婚に向けて活動していきます。 このブログでは自分が経験した『子育て』『離婚』、そして現在活動中の『再婚』について記事を中心に書いているので、ぜひ読んでみてください。 きっと参考になりますよ♪