雑記

お風呂の椅子を購入するときに注意する3つのポイント

お風呂場セット

こんにちは。ひとみです。

お風呂の椅子ってなかなか買い替えをしませんよね。

私は今まで使ってきたお風呂の椅子と洗面器に水あかとカビがたくさんついていたので、20年ぶりに新調しました!

いろんな種類が出ているので、買うときに1時間程度悩みましたよ。

でもじっくりと検討したにもかかわらず、購入したお風呂の椅子を実際に使ってみると、使いにくかったんですよね(洗面器は大丈夫でした!)。

せっかく購入したのに、前のお風呂の椅子に戻してしまいました・・・。

 

今回はお風呂椅子を購入する際の3つのポイントと私が購入したときに失敗したところを紹介します。

これを読んだらお風呂の椅子を購入するのに失敗しませんよ!

  • お風呂の椅子を購入しようとしている
  • お風呂の椅子の購入を失敗したくない

というあなたはぜひ読んでみてください。

ポイント1:お風呂の椅子が掃除しやすいかどうかを確認する

浴室は湿気が多いので、よくカビが生えますよね。

私の浴室ではお風呂の椅子だけでなく、浴室の床や扉にもカビが生えています。

なのでお風呂の椅子を購入するときは掃除がしやすいかどうかを確認してください。

お風呂の椅子の掃除がしやすいポイント
  • 出っ張りが少ない
  • ゴムの部分が少ない
  • 面積が狭い
  • 乾燥しやすい

ゴムの部分にカビがよく生えるので、ゴムの部分はとても大事ですよ!

ポイント2:実際に持ってみて、お風呂の椅子の重さを確認する

お風呂の椅子が重いと、移動して掃除するのが億劫になりますよね。

移動するときにいろんなところにぶつけたりしてイラッとしちゃったり・・・。

買うときには簡単に持ち運びができそうかどうかを確認してください。

材質や大きさで重さがかなり変わりますから、実際に持ってみてチェックですよ。

ポイント3:実際に座ってみて、お風呂の椅子は高さを確認する

お風呂の椅子は高さも重要です。

私はこのポイントが3つの中で一番重要だと思っています。

お風呂の椅子の高さの「高い」「低い」にそれぞれ良いところと悪いところがあるので、説明します。

自分の好みに合った高さを選んでみてくださいね。

椅子の高さが低いとき

  • 洗面器が使いやすい
  • 頭の高さが低くなるので、水しぶきが飛びにくい
  • 椅子の立ったり座ったりするときにひざや腰を痛める危険性がある

私は今までこのお風呂の椅子が低いのを使ってきました。

低い椅子を使うと、お風呂の椅子から立ち上がったり座ったりするときにひざが痛くなることがあったんですよね。

ひざや腰が痛い人はお風呂の椅子が低いのを使うのは危険です。

椅子の高さが高いとき

  • 椅子の立ったり座ったりするときにひざや腰を痛めることがない
  • 洗面器が使いにくい
  • 座りながらシャワーを使うと水しぶきが飛ぶ

お風呂の椅子が低いときとメリット・デメリットは真逆になります。

お風呂の椅子が高いと、立ち上がったり座ったりするのがすごく楽ですよ。

ですが、かなり水しぶきが飛ぶので、お風呂に入ったあとの掃除が大変・・・。

私がお風呂の椅子で失敗した点はこの「椅子の高さ」です

私はお風呂の椅子が低くてひざがたまに痛くなることがありました。

なので今回はお風呂の椅子が高いものにしようと、ちょうどひざの曲がる角度が直角になるものを選びました。

でも椅子を高くしたことで、洗面器が使いにくくなったり、遠くまで水しぶきが飛ぶようになってしまいました。

体の大きい父が使った後はかなり悲惨です。

なので結局、元の低いお風呂の椅子に戻してしまったんですよね。

数千円で購入し、購入するのにも時間がかかったうえ、邪魔になってしまい・・・。

とても悲しいです。

お風呂の椅子を購入する際には、高さに十分に気をつけてくださいね!

お風呂の椅子が低くても、立ったり座ったりする回数を減らすと、腰やひざの痛みは軽減します。

一度座ったら、最後まで立ち上がらないようにしたらいいですよ。

まとめ:お風呂の椅子を買い換えるときは慎重に検討しましょう!

お風呂場セット

お風呂の椅子を買うときのポイントは、

  • お風呂の椅子が掃除しやすいかどうか
  • お風呂の椅子の重さはちょうどよいか
  • お風呂の椅子の高さが自分にあっているか

特にお風呂の椅子の高さはとても大事です!

高くても低くても、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った高さの椅子を選ぶようにしましょう。

私のように購入に失敗しないようにしてくださいね。

ちなみにお風呂の椅子に水あかやカビがつかないように、こまめな掃除が大事ですよ。

余談:現在、そのお風呂の椅子は・・・

お風呂の椅子の重さが軽いので、2歳の息子がよく持ち運んでいろんなところで踏み台として利用しています。

大人も高いところのものをとるときに使っていますよ。

意外と便利です笑。

でもリビングにお風呂の椅子があるのを人に見られたら恥ずかしいので、人が来たときはお風呂の浴槽の蓋の上に隠しています。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てている29歳の主婦ブロガー。 離婚調停中で、今年中にシンママになります! 自分が経験した『子育て』を中心に記事を書いているので、気になったら読んでみてください。