自分磨き

豆苗には美容効果がある!豆苗に含まれる栄養と育て方について紹介

立派な豆苗

こんにちは。ひとみです。

豆苗には栄養素がたくさん含まれていることを知っていますか?

スーパーに100円前後で売られている豆苗。

豆苗はそのままでも食べることができるし、スープに入れて食べても美味しいですよ。

一度切って食べても、水につけておけばまた生えてきます。

豆苗にはいいことがいっぱい!

 

今回は豆苗を育てて食べている私が、豆苗の栄養と育て方について紹介します。

  • スーパーに売ってる豆苗が気になる
  • 豆苗を食べて美しくなりたい
  • 豆苗がうまく育たない

というあなたはぜひ読んでみてください。

豆苗とはいったいなに?

豆苗はかいわれ大根やもやしなどのスプラウトの一種。

えんどう豆の若い葉と茎のことを豆苗といいます。

そのため豆苗を成長させたらえんどう豆ができるんですよ。

豆苗はスーパーには100円前後で売られているので、安く手に入ります。

一度切って食べても、種の栄養が無くならない限りまた育つので経済的。

またお店に売られている豆苗は農薬を使わない水耕栽培です。

農薬が心配という方でも、豆苗は安心安全ですよ。

豆苗には美容のための栄養がいっぱい

スプラウトは植物の赤ちゃんみたいなものなので、栄養が豊富です。

特に多い栄養はこの5つ。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ビタミンK

全て美容にいい成分なのですが、それぞれの栄養にどんな効果があるのか紹介します。

ビタミンA

目、肌、内臓など広範囲に威力を発揮する栄養素。

ビタミンAには、

  • 目のトラブルに効果がある
  • 髪や爪、皮膚の角質化を防ぐ
  • しわや肌荒れを予防して改善する
  • 免疫力を高め、がんや生活習慣病を予防する
  • 抵抗力をつけ、病気やケガの治りを良くする

という効果があります。

ビタミンAは目の健康を保つのに不可欠な栄養素なので、目にトラブルがあるなら積極的にとりましょう。

ビタミンC

美容によく、がんなどの生活習慣病を予防する栄養素。

ビタミンCはビタミンの中でもっとも大量に必要です。

ビタミンCには、

  • コラーゲンを作る手助けをする
  • ストレスを和らげる
  • 免疫力を高めて身体を丈夫にする
  • コレステロール値を下げる
  • 胃がんの原因物質を抑制する
  • 抗酸化ビタミンとしての作用がある

という効果があります。

特にコラーゲンは肌の健康を保つためにとても大切なたんぱく質なので、美肌を目指すのであればビタミンCは積極的にとりましょう。

ビタミンCは熱にとても弱いです。

豆苗のビタミンCを摂取するためには、

  • 生で食べる
  • スープに入れて食べる

のがオススメですよ。

ビタミンE

新陳代謝を活発にする栄養素。

ビタミンEには、

  • 老人特有のシミを防ぐ
  • 高コレステロールを抑える
  • 血液の流れをよくして、冷え性や肩こりを解消する
  • 女性ホルモンの分泌にかかわるので、生理痛や生理不順、不妊症に効果がある
  • がんを抑制する
  • 持久力を向上させる

という効果があります。

女性特有の悩み(更年期障害、不妊症、生理痛、生理不順)がある方は積極的に摂取しましょう。

葉酸

体内のさまざまな代謝を助ける栄養素。

葉酸はビタミンB群とも呼ばれ、

  • 鉄と一緒に摂取することで貧血を抑える
  • 口内炎を予防する
  • 認知症を予防する

という効果があります。

貧血の時は鉄と一緒に、赤血球の合成を助ける葉酸も摂取するようにしましょう。

ビタミンK

骨や血液凝固に不可欠な栄養素。

ビタミンKには、

  • 血液を固まらせる
  • 骨粗しょう症を予防する

という効果があります。

ビタミンKは食事からだけでなく、腸内細菌などの微生物からも作られるので、不足することはあまりありませんが、骨が弱いのであれば積極的にとりましょう。

また乳幼児は腸内細菌が少ないので、ビタミンK不足になりやすいです。

授乳をしている母親がビタミンK不足だと、赤ちゃんもビタミンK不足でまれに頭蓋内出血が起こることがあるので、授乳中の母親は積極的にビタミンKをとるようにしましょう。

ぐんぐん育つ豆苗の育て方

①買ったばかりの豆苗を切って食べる

豆苗は成長すると筋が硬くなって、食べづらくなります。

切る位置はタネから3センチほど上のところ。

脇芽を2つを残すことが大事ですよ。

豆苗の切る位置

②豆苗を入れる容器を準備

容器は豆苗より少し大きめで、深さがあるものにしましょう。

指が一本分入るサイズがベスト。

豆苗にぴったりのサイズだと根が大きくなる余裕がなく、水もすぐになくなってしまいますよ。

切ったばかりの豆苗

③容器に豆苗と水を入れる

水はタネに水がつかないぐらいにすること。

タネに水がついている状態だと、すぐにタネにカビが生えてしまいます。

水を変える頻度は1日1回(夏場は1日2回)で、水は継ぎ足しではなく、新しい水に変えましょう。

豆苗の成長にちょうどいい水の量

④室温25度前後、日当たりの良いところに豆苗を置く

カーテン越しではなく、直射日光を当てるようにすること(夏場は直射日光NG)。

豆苗に当てる日光が不足していると、弱々しい豆苗になってしまいますよ。

⑤元の大きさになったら、また豆苗を切って食べる

1〜2本ほど成長が早いやつがいるので、大きくなりすぎる前に切って食べちゃいましょう。

また豆苗の栽培は2回までがオススメ。

タネが持っている栄養で再生しているので、タネの栄養がなくなると大きくならず、美味しくなくなります。

まとめ:豆苗を食べて美しくなろう!

豆苗は安いのに栄養満点な野菜!

豆苗に含まれている栄養は、

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ビタミンK

なので、豆苗を食べていると肌が綺麗になっていきます。

豆苗の栽培も簡単です。

  1. 買ったばかりの豆苗を切って食べる
  2. 豆苗を入れる容器を準備
  3. 容器に豆苗と水を入れる
  4. 室温25度前後、日当たりの良いところに豆苗を置く
  5. 元の大きさになったら、また豆苗を切って食べる

いくつか同時に育てると、毎日豆苗を食べつづけることができますよ。

スープに入れたり、サラダにしたり、いろんな料理に豆苗は合うので、毎日の食事に取り入れてみてください。

以上です!

関連記事

ABOUT ME
ひとみ
3歳の息子を育てている29歳の主婦ブロガー。 離婚調停が成立して、2020年9月からシンママになりました! これからは再婚に向けて活動していきます。 このブログでは自分が経験した『子育て』『離婚』、そして現在活動中の『再婚』について記事を中心に書いているので、ぜひ読んでみてください。 きっと参考になりますよ♪