絵本・図鑑・子育て本

幼児のうちから図鑑を読もう!図鑑が子供に与える効果とは?

男の子が一人で勉強している

こんにちは。ひとみです。

子供に図鑑をプレゼントしていますか?

絵本も子供の教育にはすごくいいのですが、図鑑にも魅力はいっぱいです。

 

今回は図鑑が子供に与える効果と、子供を図鑑好きにさせる方法を紹介します。

  • 知的好奇心あふれる子供に育てたい
  • 絵本ばかりプレゼントして、図鑑は一冊も家にない
  • 子供が図鑑を読まない

というあなたはぜひ読んでみてください。

そして、親子で図鑑好きになっちゃいましょう。

図鑑が子供に与える効果とは?

子供が本を読んでいる

知的好奇心が育つ

図鑑を読む最大のメリットは子供の知的好奇心が育つことです。

なんと約9割の東大生が小さい頃から図鑑を読んでいたんですよ。

小さい頃から図鑑を読むことで知的好奇心が高まり、わからない事は自ら進んで調べるようになります。

絵本も素敵なのですが、子供の知的好奇心を育てるためにも図鑑を活用しましょう。

生きる力が身に付く

知的好奇心が高まり、知識豊富な人間は強いです。

つらいことがあってもその状況から脱出するために模索するでしょう。

GACKTさんもテレビで

「知識は誰にも奪われることのない財産です」

と言っています。

知識が豊富な人はどんな世の中でも生きていくことができますよ。

勉強意欲が高まる

図鑑や本をよく読んでいる人は、知識が増える楽しさというものがわかっています。

また自分が知らないことだけよりも、ちょっとだけ知ってる状態の方が勉強って楽しいですよね。

図鑑好きな人は自然と知識が増えています。

図鑑を読む→勉強する

この繰り返しで、図鑑好きな人は勉強好きになりますよ。

子供を図鑑好きにさせるために親がすることは?

悩んでいる女性

図鑑をすぐに手に届くところに置く

図鑑を子供部屋に置いていませんか?

図鑑は子供が気になったとき、すぐに手に届くところに置いておくことが大事です。

気になったときにすぐ近くに図鑑がないと、子供はめんどくさくて調べません。

大人でもわざわざ図鑑を取りに行くのは嫌ですよね。

リビングに図鑑を置くと、テレビや親子の会話で気になったときにすぐに調べることができます。

図鑑だけでなく、辞書と地図もリビングに置いておきましょう。

親も図鑑を楽しむ

子供に図鑑を渡すだけだと図鑑好きな子供にはなりません。

親も一緒に図鑑を楽しむことによって、図鑑を楽しいものだと思うようになります。

「子供用の図鑑を読んでもつまらない・・・」というのであれば、親が気になる図鑑を買ってみるのもオススメ。

親もせっかくだから子供と一緒に図鑑で知識を増やしましょう。

ワクワクするような図鑑を選ぶ

最近、昔ながらの博物型の図鑑だけでなく、テーマ型の図鑑がたくさん出版されています。

テーマ型の図鑑とはテーマで分類された図鑑。

子供がワクワクするような仕掛けがあったりして楽しく読めるようになっていますよ。

私は息子に『きかいのしくみ図鑑』『もののなまえ』をプレゼントしました。

子供が何か特定のものに興味があるのなら博物型の図鑑でもいいですが、テーマ型の図鑑は興味の幅が広がるのでオススメですよ。

文字を覚える前から図鑑に触れさせる

文字を覚えてから図鑑をプレゼントするのでは遅いです。

図鑑には迫力のある写真やイラストがたくさん書いてあるので、文字が読めなくても楽しむことができますよ。

私は息子が0歳の時に図鑑デビューしました。

子供が興味のある図鑑をプレゼントする

図鑑って、シリーズで揃えたくなりますよね。

でも子供は興味のない図鑑を買っても読みません。

無駄にお金を使わないように、子供が興味のある図鑑を買うようにしましょう。

また子供が興味のある分野は、いろんな出版社のものを買うといいですよ。

例えば、

  • 講談社の「乗りもの」
  • 学研の「乗りもの」
  • 小学館の「乗りもの」

これら全部そろえるんです。

いろんな出版社の図鑑を買ってみると比べることができるので楽しいですよ。

本棚の見栄えはちょっと悪いですが笑。

図鑑だけではなく現実で体験させる

図鑑を読むのも大事ですが、実体験させることも大事です。

例えば、

  • 乗りもの図鑑に載ってた電車を見に行く
  • どうぶつ図鑑を持ちながら動物園に行く
  • むし図鑑に載っていた虫を飼ってみる

など。

図鑑と実体験を結びつけると図鑑の理解が深まり、より図鑑好きになりますよ。

親子でクイズを楽しむ

図鑑を読むのに飽きてきたら、親子でクイズをしましょう。

親が子供にクイズを出して、子供が答える。

クイズは楽しいし、記憶の定着にもつながります。

私のクイズは、私が写真を指差して息子が答えるという簡単な方法。

クイズのおかげで「かしわもち」や「さくらもち」、「おはぎ」などのお菓子の名前を覚えることができました。

子供がクイズに答えられなくても責めないでくださいね。

クイズは楽しくやるのがポイントです。

子供が図鑑に集中しているときは邪魔をしない

子供が1人で図鑑に集中しているときは話しかけないようにしましょう。

子供が図鑑に集中している隣で一緒に読書したり、別の図鑑を読んでみたり。

そして子供の集中が切れて話しかけてきたら、一緒に図鑑を楽しみましょう。

0〜1歳児にオススメの図鑑

はじめてのことば100の表紙

図鑑は言葉がまだしゃべれない0歳の時からプレゼントするのがオススメ。

0〜1歳にオススメの図鑑はポプラ社の『はじめてのことば100』。

絵はわかりやすい写真で、カラフル。

写真は100枚だけですが、0〜1歳の子供にはちょうどいいでしょう。

身近な物がたくさん載っているので、子供が気に入ること間違いなしです。

こちらの記事で詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみてください。

2歳児〜年長にオススメの図鑑

はっけんずかん

2歳からはちょっと図鑑のレベルアップをしましょう。

オススメは学研の『はっけんずかん』

まどあけのしかけ付きなので、子供はペラペラ楽しんで読むでしょう。

また写真のページとイラストのページが交互に載っています。

イラストのページで雰囲気を楽しんでから、写真のページでじっくり勉強をすることができますよ。

この記事に『はっけんずかん』シリーズについて詳しく書いてあるので、興味があったら読んでみてください。

まとめ:幼児のときから親子で図鑑を楽しもう

親子で絵本の読み聞かせ

図鑑には無限の可能性が広がっています。

子供が図鑑好きになれば、好奇心旺盛で、たくましい子供に育つでしょう。

子供を図鑑好きにさせる方法
  1. 図鑑をすぐに手に届くところに置く
  2. 親も図鑑を楽しむ
  3. ワクワクするような図鑑を選ぶ
  4. 文字を覚える前から図鑑に触れさせる
  5. 子供が興味のある図鑑をプレゼントする
  6. 図鑑だけではなく現実で体験させる
  7. 親子でクイズを楽しむ
  8. 子供が図鑑に集中しているときは邪魔をしない

子供だけではなく、家族みんなで図鑑を楽しんでください。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てている29歳の主婦ブロガー。 離婚調停中で、今年中にシンママになります! 自分が経験した『子育て』を中心に記事を書いているので、気になったら読んでみてください。