結婚

これでブーケ選びは完璧!自分のドレスにあうブーケ選びのポイント5選

ブーケ

こんにちは。ひとみです。

結婚式でドレスを着るときは必ずブーケを持っていますよね。

ブーケはドレスの美しさを引き立たせてくれるのでとても大切なアイテムです。

そのブーケですが、決めるためにいくつかのポイントがあります。

私はウェディングドレスの時は生花ブーケ、カラードレスの時は造花ブーケにしました。

ブーケを決めるときはネットで調べたり、ウェディングプランナーさんに相談したり、結構時間をかけましたよ。

 

今回ブーケ選びにこだわった私が、ブーケの選び方について気にするべき5つのポイントをまとめました。

  • ブーケの決め方がわからない
  • ブーケを生花にするか、造花にするか悩んでいる
  • 可愛いブーケにしたいけど、値段を安くしたい

という方におすすめですので、ぜひ読んでみてください。

ポイント1:ブーケをウェディングドレスとカラードレスで分けるかどうか

私はウェディングドレス用とカラードレス用でブーケを2つ用意しなければいけないと思っていましたが、特に分ける必要はありません。

ウェディングドレス・カラードレス、それぞれにあうブーケだったら1つだけでも大丈夫です。

でも私はウェディングドレス用とカラードレス用でそれぞれブーケを用意しました。

 

ブーケを分けることの良いところ・悪いところは、

  • 気分を変えられる
  • それぞれのドレスにあったブーケを選ぶことができる
  • 値段が高くなる
  • 2つ用意するという手間が増える

「ブーケを分けるのが面倒!」という方は、ブーケを白+カラードレスの色にすると、ウェディングドレスとカラードレス、どちらにも使えますよ。

 

また「ブーケトスでブーケが手元から無くなるからブーケをもう1つ用意しなきゃ!」と思っていませんか?

実はブーケトス用に小さいブーケがあるんですよ。

私はブーケトスには持っているブーケを投げると思っていましたが、ブーケの打ち合わせの時にブーケトス用のブーケがあると教えてもらいました。

ブーケトス用の小さいブーケではなくてブーケをそのまま投げていいみたいですが、ブーケは値段が高く、重いので小さいブーケを用意しておく方がいいと言われました。

ちなみに友人の結婚式に参列したときに新婦が持っているブーケを確認しましたが、3人中3人ともブーケは分けていませんでした。

ブーケトスをする予定であれば、忘れずにブーケトス用の小さいブーケを用意しておきましょう。

ポイント2:ブーケを生花にするか、造花にするか

私はウェディングドレスのときは生花ブーケ、カラードレスのときは造花ブーケにしました。

生花ブーケと造花ブーケ、それぞれの良いところ・悪いところをまとめるので、参考にしてください。

生花ブーケの良いところ・悪いところ

  • 生花ブーケはかっこいい
  • 良い匂いがする
  • 値段が高い
  • 日持ちしない
  • 思い出として残すには工夫が必要

結婚式では本物の花で作られたブーケを持ちたくなりますよね。

私は最初、造花ブーケでいいと思ったのですが途中から生花ブーケも持ちたいと思い、結局それぞれ用意することになりました。

生花ブーケを保存する方法もあるようなので、「生花ブーケを持ちたいけど保存もしたい」という方はそのような方法も検討してみてくださいね。

造花ブーケの良いところ・悪いところ

  • 値段が安い
  • 最近の造花ブーケは本物そっくりのため、参列者の人に造花ブーケだとばれない
  • 思い出としてブーケを残すことができる
  • 本物ではない
  • 良い香りもしない

私は思い出として残すために、カラードレスは造花ブーケにしました。

でも結局は箱に入った状態で飾ることなく適当に保管されているんですよね。

結婚式を終えた今は、別に思い出として残しておかなくても良かったかなという感じです。

思い出なんて生きているだけで増えるので、出来る限り増やさないことも大事ですよ。

ポイント3:【生花ブーケ】持ち込みにするか、式場提携のブーケにするか

生花ブーケの場合、

  • 外部の業者に注文して持ち込みにするか
  • 式場提携のブーケにするか

この2つで悩むことになります。

最終的に私は外部の業者に注文してブーケを持ち込みすることにしました。

持ち込みにするか・式場提携のブーケにするか、それぞれの良いところ・悪いところをまとめるので、参考にしてください。

外部の業者に注文して、ブーケを持ち込みする

  • 値段を安くできる
  • 自分の好きなように作ることができる
  • 結婚式より早めに注文すると花が枯れる
  • ブーケは大きいので、つぶれないように式場に持っていくのが大変

私の場合、持ち込みに苦労しましたが、値段は式場提携よりかなり安くできました。

式場提携だと2万5000円~でしたが、ネットで調べて外部の業者で注文したところ約5000円でブーケを作ってもらいました。

ブーケの形や使う花によって値段は上下しますが、それでも式場提携のブーケよりは安くなります。

 

  • 値段を安くしたい
  • 自分の好きな花を使いたい

このような方は、式場提携のブーケにすることをおすすめします。

 

ちなみに私が利用した業者は「フラワーショップ 花次郎」です。

利用方法は、

  1. ブーケを決める
  2. 注文
  3. 花次郎からメールが来るので、ブーケの色など自分の要望を返信する
  4. 相手からできあがった写真が添付されたメールが来るので、確認してから返信する
  5. ブーケが送られてくる

丁寧なやり取りをしてくれるので安心しますよ。

またブートニア(男性がタキシードにつける花)やブーケトス用のブーケも購入することができます。

式場提携のブーケにする

  • 持ち込みに苦労しない
  • テーブルの花とブーケの花をそろえることができる
  • 式場提携のドレスにしている場合、ドレスを見ながらブーケを考えることができる
  • 値段が高い
  • 自分の好きな花を使うことができないことがある

値段は持ち込みよりは高くなりますが、ブーケの持ち込みをしなくて済むのはかなりのメリットです。

生花ブーケは生ものですので、私は結婚式の前日に自宅に届くようにして、当日に式場に持ち込みをしました。

何か不手際があり、前日に届かなかったらどうしようと心配でしたね。

2日前に自宅に届いても大丈夫だったとは思いますが、やっぱり届くまでは心配です。

 

  • 心配性
  • 持ち込むのがめんどくさい

このような方は、式場提携のブーケにすることをおすすめします。

ポイント4:【造花ブーケ】購入するか、材料を買って自分で作るか

造花ブーケだと必ず持ち込みになります。

造花ブーケを購入するか、自分で作るか悩みましたよ。

最終的に私は造花ブーケをAmazonで購入することにしました。

造花ブーケを購入する・自分で作る、それぞれの良いところ・悪いところをまとめるので、参考にしてください。

造花ブーケを購入する

  • 手間がかからない
  • 値段が少しかかる
  • 自分の好みのデザインがない可能性がある

私はセンスがなく、特にこだわりも無かったので出来上がっているものをAmazonで購入しました。

実物と全く同じものが届きました。

大きさは生花ブーケとほぼ同じで、見た目も造花には見えません。

ブートニアも用意してくれるところがあるので確認しておきましょう。

 

また私はAmazonで購入しましたが、メルカリやラクマなどのフリマアプリでも売っています。

いろんなところを見ながら自分のドレスにあった造花ブーケを探しましょう。

造花ブーケは枯れることがないので、早めに自宅に届けてもらうようにすると安心ですよ。

 

  • こだわりがない
  • 自分で作るのは面倒

このような方は、造花ブーケを購入することをおすすめします。

自分で造花ブーケを作る

  • 安くできる
  • 自分好みに作れる
  • センスが問われる
  • 材料集めが大変
  • 手間と時間がかかる

造花ブーケを作るには、センスがかなり問われます。

100均の造花でも作れるかもしれませんが花の種類が少ない可能性があるので、ネットでいろんな造花を購入しましょう。

 

  • 結婚式準備にかなり余裕がある
  • 自分好みのブーケを作りたい

このような方は、造花ブーケを自分で作ることをおすすめします。

ネットに作り方が載っていますので参考にしてみてください。

ポイント5:ブーケの色や形はドレスに合わせながら決める

ブーケの色はドレスの色に合わせましょう。

ウェディングドレスは白なのでどんな色のブーケでも合いますが、カラードレスはそうはいきません。

自分でブーケの色を決められるなら問題ないのですが、ちょっと不安ならウェディングプランナーさんに相談しましょう。

ブーケの形も自分が好きな形でいいと思いますが、心配ならウェディングプランナーさんに相談です。

困ったことがあれば何でもウェディングプランナーさんに相談しましょう。

まとめ:ブーケ選びも手を抜かないで自分のドレスにあうブーケにしよう!

ブーケを決めるときの手順です。

  1. ブーケを1つにするか・2つにするか
  2. ブーケを生花にするか・造花にするか
  3. 【生花ブーケの場合】持ち込むか・式場提携にするか
  4. 【造花ブーケの場合】購入するか・自分で作るか
  5. ブーケの色や形をどうするか

このような順番で決めていったら、自分が納得するブーケができます。

ブーケ選びは大変ですが楽しいですよ。

ネットにもいろんなブーケがあるので、参考にしてみてください。

以上です!

関連記事

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てている28歳のひとみです。 2015年:夫に出会う→2016年:結婚→2017年:息子を出産→2018年~現在:離婚に向けて行動中。 自分が経験してきた結婚・出産・子育て・離婚を中心に記事を書いています。