子育て

【注意】授乳中はカフェインを取り過ぎないように気をつけましょう!

こんにちは。ひとみです。

授乳中なのにカフェインを沢山摂取していませんか?

私は生後6ヶ月までは完全母乳で、それ以降は離乳食+母乳、そして現在は幼児食+母乳で育てています。

息子が生後6ヶ月になる頃まではカフェインを摂取しないようにしていたのですが、離乳食が始まってからはカフェイン摂取に甘くなって、紅茶を飲み始めてしまいました。

だって紅茶好きなんですもの・・・。

授乳中はカフェインの取りすぎに注意しましょうと言われているのは知っていたのですが、母乳に沢山カフェインが入っちゃってるとは思っていませんでした。

そしてだんだん紅茶を飲む量が増えていき・・・。

紅茶を飲む量に比例して、息子の「寝つきの悪さ」や「朝の機嫌の悪さ」、そして「夜中に何度も起きる」ということが気になるようになりました。

そして今回、カフェイン摂取をやめてみたら息子の生活リズムが良くなりました!

甘く見ていましたが、授乳中のカフェイン摂取は本当に良くないんですよね・・・。

反省です・・・息子に申し訳ない・・・。

そんなわけで今回は、カフェインの恐ろしさを語らせていただきます。

  • 私と一緒で授乳中なのにカフェイン摂取をしている
  • 紅茶を飲みたくて仕方が無い

という方は是非読んでみてください。

カフェインとは

カフェインの効果

カフェインの良く知られている効果は「眠気解消」「利尿作用」が有名ですよね。

昼寝の前にコーヒー1杯飲むと、カフェインの眠気解消効果で短時間ですっきり目覚められるらしいですよ。

私は眠いときに紅茶を飲んで眠気を覚まします。

またカフェインの利尿作用効果ってすごいですよね。

私は紅茶を飲んでいないときは1日に4,5回ぐらいしかトイレに行かないのですが、紅茶を飲むとすぐにトイレに行きたくなるので1日に8回ぐらいトイレに行ってしまいます。

カフェインの含有量

カフェインといえばコーヒーが有名ですが、そのほかにも紅茶や緑茶にも沢山含まれています。

  • コーヒー:約60mg
  • 紅茶:約30mg
  • 緑茶:約20mg

※100ml中のカフェイン含有量。参考:日本食品標準成分表2015年版

一日の摂取量は300mg程度が理想なので、1杯が200mlだと考えると、

  • コーヒー:2杯まで
  • 紅茶:5杯まで
  • 緑茶:7杯まで

・・・意外と少ないですよね・・・。

私は紅茶と緑茶が好きで、それぞれ2,3杯ずつ飲んでいたのでもうアウトです。

しかも、他にも食べ物(チョコレートなど)にもカフェインは少量含まれているので、それも考えるとカフェインの取りすぎでした・・・反省です。

授乳中にカフェインを摂取したときの影響

子供が興奮する

カフェインには興奮作用があります。

大人はこれのおかげで元気が出るのですが、子供は興奮してしまいます。

息子もいつも落ち着きがなくて、

私が疲れてイライラしてくると紅茶を飲む

↓↑

息子はまた興奮する

毎日これの繰り返しで大変でした。

寝つきが悪くなる

大人もカフェインを摂取すると眠れなくなりますよね。

息子も眠そうなのになかなか寝ない・・・ということが何度もありました。

また、私が紅茶を飲んでから寝ると、夜間の授乳で息子の寝付きが悪くなるみたいで逆に覚醒しちゃうこともあったんですよね。

カフェイン効果・・・恐ろしい・・・。

利尿作用の影響で母乳の出が悪くなる

カフェイン摂取をやめてから母乳が多く出るようになりました!

今までは紅茶を飲んでもすぐに尿として排出されていたんですよね。

だから飲んでも飲んでもあまり母乳がたまらなかったのですが、紅茶を飲むのをやめて牛乳と麦茶を飲むようにしたら、すごく母乳がたまるようになりましたよ。

カフェイン摂取をやめてからの息子の変化

寝つきが良くなって睡眠時間が1時間伸びた!

寝つきが良くなって早く寝るようになりました!

今まで21時を過ぎていたのが、今では早いときは19時で遅くても21時には寝てくれます。

朝の起きる時間は早くなったのですが、それでもトータル睡眠時間は1時間長くなりました!

すごい変化ですよ!

夜中の覚醒してもすぐに寝てくれる!

夜中の覚醒はまだあるのですが、授乳をするとすぐに寝てくれるようになりました!

カフェインを摂取していたときは、夜間に授乳をすると逆に子供が覚醒して1,2時間寝られないという状況もよくありました。

そして、だんだん私もイライラしちゃうんですよね・・・。

今では子供のぐずる声が聞こえたら寝ぼけ眼で授乳して、授乳が終わったらすぐに寝てくれるので快適です!

朝のぐずりが少なくなった!

カフェイン入りの母乳を飲んでいると子供の睡眠は浅くなってしまうのですかね・・・。

今までは朝は機嫌が悪いことが多く、散歩にも行きたがらなかったんですよ。

そして、昼寝はいつも早くて10時や11時くらい。

カフェイン摂取をやめてから朝起きる時間が早くなったのですが、機嫌が良いので朝に散歩に行くことが出来るようになりました。

しかも、昼寝の時間も少し遅くなって12時や13時くらい。

朝すっきりしてくれると本当に助かりますよー!

まとめ:授乳中はカフェインを取り過ぎないようにしましょう!

授乳中は出来る限りカフェイン摂取は控えましょう!

子育てをしているとだんだん気持ちが緩んできてしまいますが、カフェインは本当に子供に良くないので、また気持ちを引き締めて気をつけましょう。

でも、たまには紅茶も飲みたくなりますよね。

そういう時はデカフェ(カフェインが入っていないもの)の紅茶も売っているので、そういうのを飲むのをおすすめします。

授乳はいつかは終わります。

いつか来るその時まではカフェインを取り過ぎないようにしましょう。

子供のためです!

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
生まれも育ちも神奈川県の28歳子育て主婦。 システムエンジニアだったが、結婚・出産を機に退職し、現在は息子を育てながら日々同じようなことをして過ごしている。 好きなことはテレビを見ることや携帯ゲームをすること。 ブログでは子育てやライフイベント関係を中心に発信していく。