妊娠

【妊娠】生理がこなくて妊娠したかも・・・と思っている人必見!妊娠初期のやることリスト

こんにちは。ひとみです。

生理がこないし、心当たりがあるから妊娠したかも・・・と悩んでいませんか?

初めての妊娠だと何をどうすればいいのかわからないですよね。私も周りはまだ妊娠している人がいなかったので誰にも相談できずに困りました。

今回は私が妊娠したかもと思ってからやってきたことをご紹介します。

生理がこなくて妊娠の可能性がある人は是非読んでみてくださいね。

生理がこなくなってからやったこと

生理がこなくて、心当たりがあったらまず妊娠を疑いますよね。

特に「いつもより眠い」「気持ちが悪くてあんまり食べれない」とかの症状があると悪阻の可能性もあります。

妊娠したらまず最初にやらなければいけないことは産婦人科に行くことです。

ですがその前に、まずは妊娠検査薬で妊娠しているかどうかのチェックをしてみてください。

妊娠すると受精卵からhCGホルモンという物質が分泌されます。妊娠検査薬はその尿中に含まれているhCGホルモン量を測って妊娠しているかどうかを判断します。

日本の妊娠検査薬はすごく優秀で、どのメーカーのでも99%の精度ですので、妊娠検査薬で陽性が出たらほぼ間違いなく妊娠しています。

病院でも妊娠検査薬の実施有無を聞かれますし、検査は妊娠検査薬に尿をかけるだけなのですっごく楽です。1本500円前後で買えますから是非やってみてください。

妊娠検査薬はどこの薬局にも売ってますし、お店で買うのが恥ずかしければネットでも売っていますよ。

妊娠検査薬の精度はどれも同じなのでどれを使ってもいいのですが、私は「チェックワン」「p-チェック」「ドゥーテスト」の3つを試しました。(1本だと不安だったので・・・)

一応失敗する可能性もあるので、2本セットのほうが安心しますよ。

その妊娠検査薬の注意点です

  • 生理予定日1週間後から使用(早くやると正しい結果が出ない可能性があります)
  • 子宮外妊娠でも陽性になる(この場合は赤ちゃんが育ちません・・・)
  • ごくまれに病気で陽性になることもある

子宮外妊娠や病気で陽性になっている場合もあるので、本当に妊娠しているかどうかは病院へ行かないとわかりません。

とりあえず妊娠検査薬をするときは生理予定日1週間後からやるようにしてくださいね。

陰性の場合

陰性の場合は妊娠していないのですが、妊娠していてもhCGホルモンの分泌量が少ない場合も陰性と出てしまいます。

特に生理不順の人はちょっと検査するタイミングが難しいですよね。

私は生理不順だったので最初に妊娠検査薬を使ったときは陰性と出てしまいました。

なので妊娠していないのかなと思っていたのですが、妊娠検査薬を使ってから1週間経っても生理がこなかったのでもう一度挑戦しました。

そうしたら今度は陽性と出ました。

妊娠検査薬をして陰性と出ても、生理がこなければ1週間後にまた検査してみてください。

陽性の場合

陽性の場合は、おめでとうございます!妊娠している可能性がありますよ。

妊娠している可能性があるので、お酒やタバコを控えて、体を温めてくださいね。

そして早速、産婦人科に電話をして行ってみましょう。

妊娠検査薬で陽性だったら産婦人科に行きましょう

ですが、産婦人科に電話をする前にちょっと考えて欲しいことがあります。

それは、里帰り出産をするかどうかです。

里帰り出産は臨月より前に実家に戻って、実家近くの産婦人科で出産することです。里帰り出産にはいくつかのいいところがあります。

いいところ
  • 出産経験者の母親が近くにいる
  • お腹が大きくて大変な家事をやってもらえる
  • 産気づいても誰かしらが近くにいる
  • 一番大変な新生児期に手伝ってもらえる

でも、ちょっと悪いところもあります。

悪いところ
  • 母親にかなりの負担がかかる
  • 両親が共働きの場合はあまりメリットではない

いいところ、悪いところを考えて里帰り出産をするかどうか考えてください。

ちなみに私は里帰り出産にしました。

母親が専業主婦だったので、妊娠中は家事をしてもらい、子供が生まれたらミルク作りやオムツ変えを手伝ってもらいました。

臨月のときはお腹が大きくて貧血が酷く、出産後は体がズタボロだったのですごく助かりましたよ。

里帰り出産をするのであれば、検診と分娩(出産)、2つの産婦人科を探すことになります。

私は実家が近かったので、通うのは大変でしたが検診も分娩も同じ産婦人科でしてもらいました。

産婦人科選びのポイントです。

  • 分娩をしてくれるか(検診だけの場合は不要)
  • 家から近いか(妊娠中は体調不良になりやすいので近いほうがベスト)
  • 無痛分娩があるか(無痛分娩をしないのであれば不要)
  • 母子同室か(母子同室は大変なので、入院中ゆっくり休みたいのであれば分かれているほうがいいかも)

他にもこだわるのであれば、「入院中の料理がおいしいか」「先生は女性か」などがありますので、自分にあった産婦人科を選んでください。

いい産婦人科を見つけたら、とりあえず電話してみてください。

妊娠について本で勉強

妊娠について本で勉強するのもおすすめです。

初めての妊娠だとわからない事だらけだと思います。

また、妊娠初期だとまだお腹が大きくなくて実感わかないですよね。

私はネットでも沢山調べていましたが、本だと妊娠の月別で細かくいろんなことが書かれているんですよね。

例えば、

  • 今の胎児の大きさはこれぐらい
  • この時期はこのような症状に気をつけましょう
  • こんな食事はとらないように

などなど

分娩についてのことも書かれているので、1冊は持っておいて損はないですよ。

私は有名なたまひよの妊娠・出産の本を買いました。

基本は本で勉強して、ネットでもちょこちょこ調べるのがいいと思います。

つわりが酷くて起きていられないときにベッドでよく読んでいました。

市役所に行って母子手帳をもらいましょう

妊娠8週ぐらいになったらやっと母子手帳をもらうことができます。

その頃には産婦人科のエコーでちっちゃな赤ちゃんの様子が見られますよね。

私はいつも産婦人科のエコーが楽しみでした。赤ちゃんが大きくなっていくのが嬉しかったんですよ。

つわりが大変かもしれませんが、体調がいいときに市役所にいって母子手帳をもらってください。

場所がわからなかったら誰かに、母子手帳をもらいたいんですけど・・・って言えば案内してくれるはずです。

母子手帳もらうと、やっと一人前の妊婦になった感じがしますよ笑。

まとめ:初めてのことでドキドキですが、一つ一つやっていきましょう

妊娠・出産が初めてだとドキドキしますよね。

私も初めてのことだったので、いろいろと調べながらやっていました。

妊娠は赤ちゃんができて幸せ・・・以外にもつわりが酷かったり、腰が痛くなったり、まぁ大変です。

でも、人生でなかなか無い体験ですので、妊娠生活を楽しみましょう。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てているひとみです。 2015年に夫に出会い、2016年に結婚、2017年に息子を出産し、2018年からは離婚に向けて動いています。 自分が経験してきた結婚・出産・子育て・離婚を中心に記事を書いています。