絵本・図鑑・子育て本

講談社の『はじめてのずかん』は2歳児には早いけど、すてきな図鑑です

はじめてのずかん

こんにちは。ひとみです。

講談社の『はじめてのずかん みぢかないきもの』を2歳の息子のために購入しました。

NHKの番組と同じクオリティのDVDがついていると知り、気になったんですよね。

私は図鑑の写真とDVDの迫力に感動したのですが、2歳の息子はあまり興味ない感じ。

対象年齢は2歳以上ですが、2歳児にはまだ早かったみたいです。

 

今回は『はじめてのずかん みぢかないきもの』の魅力と注意点を紹介します。

  • 2歳の子供用の図鑑を探している
  • 『はじめてのずかん みぢかないきもの』が気になる
  • 『はじめてのずかん みぢかないきもの』を購入した人の感想を知りたい

というあなたはぜひ読んでみてください。

講談社の『はじめてのずかん』とは一体なに?

はじめてのずかんの表紙

『はじめてのずかん』とは講談社が出版している「講談社の動く図鑑 MOVE」のシリーズの1つで、2歳からの図鑑デビュー用に作られています。

 

『はじめてのずかん』は3種類出版されています。

『はじめてのずかん』の3種類
  • 講談社の動く図鑑 MOVE はじめてのずかん どうぶつ
  • 講談社の動く図鑑 MOVE はじめてのずかん きょうりゅう
  • 講談社の動く図鑑 MOVE はじめてのずかん みぢかないきもの

 

私は2歳の息子に『はじめてのずかん みぢかないきもの』を購入しました。

ファースト図鑑として、小さなこどもが出会う身近な生きものを網羅。カブトムシ、ダンゴムシ、ゾウ、キリン、ドングリ、はっぱ。こどもたちの好きなものが詰め込まれています。
クイズやコラムなども満載。はじめて出会う自然の世界を、季節を感じさせる本格的なイラストとダイナミックな写真、NHKの貴重なアーカイブ映像で紹介します。巻末には生きものが登場する昔話も!十二支も覚えられます!

引用:講談社の動く図鑑 MOVE はじめてのずかん みぢかないきもの

『はじめてのずかん みぢかないきもの』を手にした息子の反応はいまいち・・・。

写真の迫力がすごいので大人はとても楽しめるのですが、2歳の息子にはちょっと早かったみたいです。

 

私が感じた『はじめてのずかん みぢかないきもの』の魅力と注意点を紹介します。

『はじめてのずかん みぢかないきもの』の魅力4つ

写真がリアルで見ごたえあり

はじめてのずかんの写真

『はじめてのずかん みぢかないきもの』に載っている写真は大きくて、きれいです。

ダンゴムシの裏側やバッタのジャンプ姿、カブトムシとクワガタの戦いは迫力満点。

虫なんかリアルすぎてちょっと気持ち悪いですよ・・・。

この図鑑の写真を撮った人はすごいですね。

NHK作のDVD付き

「講談社の動く図鑑 MOVE」にはNHKの番組を作っている「NHKエンタープライズ」の人が作成したDVDがついています。

つまりNHKのきれいな映像と同じレベルのDVDなんですよ!

ちなみに私はこのDVDを見てみたくて『はじめてのずかん みぢかないきもの』を購入しました。

実際にDVDを見てみると生き物たちが鮮明に映っていて、迫力満点、すごい。

息子は迫力がありすぎて嫌だったみたいですが、私はすごく楽しかったです。

身近な生き物が載っている

家の庭にいる虫や、動物園の動物、水族館の魚などよく見かける生き物たちが載っています。

あと生き物だけでなく、葉っぱやドングリ、松ぼっくりなどもちょっとだけ。

最後のページにはむかしばなしも載っていますよ。

いろんなジャンルのものをちょっとずつ掲載した感じの図鑑です。

イラストのページもある

はじめてのずかんのイラスト

息子はイラストのページだけはよく見ていました。

どんな虫がいるのか探し出すのが楽しいみたいですよ。

ちなみに結構リアルなイラスト。

リアルすぎるので苦手な虫を見ると背筋がぞぞっとしますよ。

『はじめてのずかん みぢかないきもの』の注意点4つ

注意のマーク

2歳の子供にはちょっと早い

対象年齢は2歳以上みたいですが、私の感覚だと2歳で『はじめてのずかん みぢかないきもの』は早いです。

本の使い方が載っているのですが、

  1. ステップ1:迫力の写真を見ながら、ふきだしを読む
  2. ステップ2:コミュニケーションコラムでお話をする
  3. ステップ3:映像を見る
  4. ステップ4:生きものの解説を読む
  5. ステップ5:ゲーム感覚でクイズを楽しむ

このように進めていくみたいです。

ちなみに私はステップ1もうまくできませんでした。

息子がページをさっさとめくって、飽きちゃうんですよね。

また他の人の口コミにもありましたが、写真がリアルすぎて嫌がる子供もいます。

 

『はじめてのずかん みぢかないきもの』は2歳の息子にはまだ早かったので、学研の『はっけんずかん』と『もののなまえ』を購入しました。

子供がリアルな写真でも楽しめるかどうかを確認してから購入してみることをオススメします。

載っている生き物の種類が少ない

専門的な図鑑とは違って、いろんなジャンルの生き物をまんべんなく載せているせいかもしれませんが、載っている生き物の種類が少ないです。

だって私が育てているミミズが載っていないんですよ!

他にもハムスターやニワトリ(似ているチャボならいます)、ヒヨコ、メダカもいません。

猫や犬はいろんな種類を載せているのに・・・なんか偏っている?

また、どの生き物がどのページに載っているのかわかりずらいです。

目次はあるのですが、それだけでは目的の生き物にたどり着くのは至難の業です。

もっと何とかできなかったのかな。

DVDプレーヤーがないと楽しさ半減

『はじめてのずかん みぢかないきもの』の一番の魅力はDVDです。

図鑑の写真もすごいのですが、DVDは格別!

もしDVDプレーヤーを持っていないのであれば他の図鑑でもいいと思います。

それだけ「講談社の動く図鑑 MOVE」はDVDがすごいのですから、まずはDVDプレーヤーを用意しましょう。

DVDプレーヤーではなくても、プレステ3やプレステ4でも見ることはできますよ。

ページが取れやすい

そんなにたくさんページを開いているわけではないのですが、ページがそろそろ取れようとしています。

子供が扱う図鑑なので、もっと作りはしっかりして欲しかったですね。

まぁページがとれたとしてもテープで止めればいいのですが・・・。

まとめ:子供が大きくなったら講談社の『はじめてのずかん』をチェックしてみよう!

『はじめてのずかん』は2歳の子供にはまだ早いと思います。

でも写真やDVDは迫力があって見ごたえありですよ。

今の息子はたまにしか『はじめてのずかん みぢかないきもの』を読まないのですが、もっと動物園や水族館、森に行くようになったら興味が出てくるかもしれません。

息子が大きくなってたくさん読んでくれるようになるのを期待して待っていますよ。

絵本ナビで無料ためしよみ

図鑑はいろんな出版社からたくさん出ています。

それぞれ特徴があるので、子供に合った図鑑を選ぶようにしてください。

図鑑選びは悩みますが、子供と一緒に本屋さんで探しましょう。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てている29歳の主婦ブロガー。 離婚調停中で、今年中にシンママになります! 自分が経験した『子育て』を中心に記事を書いているので、気になったら読んでみてください。