妊娠

【原因と対策】私が妊娠後期に起こった不調とその対策

こんにちは。ひとみです。

妊娠後期はお腹が大きくなることによって体調が悪くなりやすいですよね。

私は妊娠初期は悪阻で、妊娠後期はお腹が大きくなることによって体調が悪くなっていました。

妊娠後期に起きた症状は

  • 貧血
  • 横になったときの肋骨の痛み・息苦しさ
  • 頻尿
  • 疲れやすい
  • 足のむくみ
  • 背中や腰の痛み

など。

特に肋骨の痛みは辛かったです。

今回は私が妊娠後期に起こった不調について紹介します。

妊娠後期で同じように苦しんでいる方にちょっとでも参考になれば嬉しいです。

  • 妊娠後期で体調が悪い
  • お腹が大きくて辛い
  • ちょっとでも体調が良くなりたい

という方は是非読んでみてください。

貧血

私は妊娠後期になってから貧血になってしまいました。

胎児が大きくなると胎児に送られる血液量が増えるので、貧血になりやすくなるみたいです。

貧血になると身体がだるくなったり、ふらふらして辛いですよね。

私は妊娠後期になって病院で貧血と診断されてから鉄剤を処方されて、それを飲んでいました。

そのほかには、

  • 鉄分が取れるような食事にする
  • 鉄分入りのサプリメントを摂取する

これらのことをして、出産する直前には正常値に戻りました。

妊娠中はいつもよりもかなりの鉄分が必要になりますので、貧血にならないように鉄分摂取に気をつけてください。

横になったときの肋骨の痛み・息苦しさ

私はこの項目が妊娠後期で一番つらかったです。

昼間に立ったり座ったりしているときは大丈夫なんですが、横になるとかなり肋骨が痛くなりました。

大きくなった子宮が肋骨を圧迫して痛くなるんですよね。

臨月が近づき、胎児が下に下がってきたら少し楽になりましたが、それまでは毎日夜が地獄でした。

結局出産するまでは肋骨が痛かったのですが、その期間に私がやって効果があったことは、

抱き枕を使って横向きで寝ること

その時に少し上半身を高くすると肋骨の圧迫が少し楽でした。

肋骨の痛みで寝れない方は抱き枕を使って夜寝るようにしてみてください。

私はこの抱き枕を使っていました。

月型なのでお腹が大きくても邪魔にならず、子供が産まれてからは授乳クッションとして使っていました。

抱き枕を持っていない方は使ってみる価値ありですよ。

頻尿

昼でも夜でもお構い無しにトイレに行きたくなりました。

大きくなった子宮が膀胱を圧迫しちゃうんですよね。

昼間はいつもトイレが近くにあったので特に困らなかったのですが、夜は大変でした。

毎晩2,3回はトイレに行きたくなって起きるんですよね。

だいたいAM2:00とAM4:00には必ず起きていました。

もう本当に辛かったですよ。

眠いし、お腹は重いから起き上がるのが大変だし、部屋が真っ暗でお化けが出そうで怖いし・・・。

でも出産して子宮が小さくなったら、夜中にトイレに行かなくても大丈夫になりましたよ。

出産するまでは諦めてください。

また子供が産まれたら夜間授乳でまた起こされるようになるので覚悟しておいてくださいね。

疲れやすい

お腹が大きくなるとそれに比例して疲れやすくなりました。

だいたい出産するまでに約10kg程度体重が増えるのですが、そんなに重いものがお腹にあるんですよ。

また妊娠後期にもなると食事でとった栄養は胎児にかなり送られてしまうので、自分の栄養が少なくなってしまうんですよね。

疲れるのはしょうがないです。

もう妊娠後期になったらできる限り毎日のんびりと過ごしちゃいましょう。

お腹が大きいときに無理をすると危険ですしね。

本を読んだり、ネットサーフィンをするのがおすすめですよ。

足のむくみ

足のむくみはかなり辛かったです。

むくみすぎて足の形が変わっていましたよ。

私が妊娠後期のときは夏だったので、よくナースサンダルで外に出かけていましたが、サイズがかなりぎりぎりでした。

いつも使っていた運動靴は足がむくみすぎて入らなかったですよ。

妊娠後期は足がむくんで足が大きくなってしまうので、ちょっと大きめの靴を用意しておくといいですよ。

また朝起きたときはほぼ毎日足がつっていました。

朝起きて足を伸ばすと必ずつっちゃうんですよね。

朝一番が一番つりやすいので、つらないように気をつけてくださいね。

背中や腰の痛み

お腹が大きいとそれを支えるために背中や腰がよく痛くなっていました。

長時間立っていたり、歩いたりすると必ず背中と腰が痛くなっていましたね。

そのため毎日妊婦帯をつけていました。

大きいお腹を支えるために背中を反ってしまって腰や背中が痛くなるのですが、妊婦帯をつけると背中ではなく腰で大きいお腹を押さえることができるようになります。

姿勢も正しくなりますし、重力でお腹が下がることによる妊娠線も防いでくれます。

私が妊娠後期に毎日つけていたものです。

ちゃんと腰をサポートしてくれるのでかなり助かりましたよ。

妊婦帯をもっていない方は是非1枚は買っておきましょう。

全然腰への負担が違いますよ!

まとめ:妊娠後期も無理せずに過ごそう!

妊娠後期はお腹が大きいことによって不調になりがちです。

かなり辛いと思いますが、出産したら全ての不調がなくなりますよ。

出産するまでの我慢です。

妊娠後期は頑張って不調に耐えながら、ゆっくりゆったりのんびり楽に過ごしましょう。

もうすぐで子供に会えますよ!

以上です!

関連記事

妊娠後期にやるといいことを記事にしましたので、興味があれば読んでみてください。

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てているひとみです。 2015年に夫に出会い、2016年に結婚、2017年に息子を出産し、2018年からは離婚に向けて動いています。 自分が経験してきた結婚・出産・子育て・離婚を中心に記事を書いています。