子育て

学研の『もののなまえ』図鑑で子供の好奇心を満たしましょう!

学研のもののなまええいごつき

こんにちは。ひとみです。

子供がしゃべり始めると、身の回りのものに興味が出てきますよね。

私の息子は2歳になった頃にしゃべり始めました。

しゃべり始める前から車や電車関係が好きだったのですが、しゃべり始めてからはそれに加えて

  • リビングにあるもの
  • キッチンの道具
  • 公園の遊具

に興味を示すようになりました。

せっかく息子が身の回りのものに興味を持ったので何か良い絵本や図鑑がないかと探していたらいいものがあったんですよ。

それは学研の『はっけんことばずかん もののなまえ えいごつき(もののなまえ)』。

『もののなまえ』は身の回りのものに興味を示し始めた頃に最適な図鑑です。

 

今回は『もののなまえ』という図鑑がどういうものか説明します。

  • 1〜2歳の子供がいる
  • 子供が身の回りのものに興味を示し始めた
  • 子供に楽しい図鑑をプレゼントしたい

というあなたはぜひ読んでみてください。

『もののなまえ』とはどういう図鑑?

『もののなまえ』とは学研が出版しているはっけんずかんシリーズの1つで、正式名称は『はっけんことばずかん もののなまえ えいごつき』です。

値段:2178円

子どもがはじめて覚えていく身のまわりのものの名前を、楽しいしかけ図鑑で覚えましょう。家の中から外へ広がっていく順に名前を取り上げ1冊にまとめました。しかけをめくると内側にも絵と名前がぎっしり!飽きずに楽しめます。すべての名前が英語つき!

引用元:ショップ学研+

公式が説明しているように、身の回りのものについて紹介している図鑑です。

載っている言葉は約1500語!

9つのジャンルに分けて紹介しています。

もののなまえに書いてあるジャンル
  1. いえ
  2. いま
  3. こどもべや
  4. だいどころ
  5. げんかん
  6. せんめんじょ・ふろば
  7. こうえん
  8. まち
  9. しぜん

対象年齢は図鑑に、

  • 読んであげるなら:3歳から
  • 英語も楽しむなら:小学校低学年から

と書かれていますが、身の回りのものに興味を示し始めたなら3歳前からでも問題ありません。

息子は今2歳半ですが、一日一回は『もののなまえ』を読んでいます。

1〜2歳頃から好奇心旺盛になるので、そのタイミングでプレゼントしちゃいましょう。

『もののなまえ』がオススメの理由3つ

身の回りの風景が書かれている珍しい図鑑

ことば図鑑というのはいろんな出版社から発売されているのですが、『もののなまえ』は家の様子や街の風景が書かれており、そこに出てくるものに名前をつけている感じです。

もののなまえにある台所の様子 もののなまえの中身

つまり普通のことば図鑑と違って、

  • 家の中にはこんなものがあるんだ!
  • 犬がコタツに隠れてた!
  • デパートで人が買い物してる!

など見つける楽しみがあります。

息子はちっちゃく書かれているスイッチやコンセントを見つけて喜んでいました。

名前を覚えるだけでなく発見の楽しみもあるので、飽きることなく楽しんでくれますよ。

しかけ窓で子供が楽しめる

学研のはっけんずかんシリーズにはしかけ窓がついていますが、『もののなまえ』にもしかけ窓がついています。

子供ってしかけ窓好きですよね。

息子もしかけ窓が好きで、よくピラピラめくっています。

そのせいで折れたり破れたりしているのでもっと強度を強くしてほしいですが、まぁ難しいのかな・・・。

しかけ窓がボロボロになるのは残念ですが、子供が楽しみながらしかけ窓をピラピラめくっている姿は可愛いですよ。

親子でコミュニケーションをとりながら名前を覚えられる

子供は一人でも『もののなまえ』に書かれている絵を見て楽しむことができますが、名前を覚えるためには大人であるあなたが教えてあげないといけません。

また教えてあげるときに実物も一緒に見せてあげると理解が深まりますよ。

私は寝る前に息子と一緒に読んでいます。

最近は『もののなまえ』に書いてある公衆トイレでおしっこする真似をするようになりました。

とっても可愛いです笑。

名前だけでなく、やり方も一緒に教えてあげるとより覚えやすくなりますよ。

『もののなまえ』の残念なところは1つだけ

『もののなまえ』の残念なところが思いつかなかったのですが、1つだけ気になる点は絵が小さすぎるところです。

絵が小さすぎてうどんとラーメンの違いがよくわからないんですよね。

息子は気にしていないようですが、絵を大きくしてわかりやすくして欲しかったです。

また学校用品も紹介されているのですが、子供が幼稚園や小学校に入る前は実物を見ることができなくてよくわからないんじゃないかと思います。

子供が小学校に入っても楽しめるようにと作られているのだと思いますが、ちょっと詰め込みすぎの感じがします。

でもまぁ、1冊で約1500語書いてあるのはすごいです。

何となくお得な感じがしますよね笑。

『もののなまえ』で身の回りの言葉は全て網羅できますよ。

『もののなまえ』を買ったらどうなる?

子どもが身の回りのものの名前を覚えることができる

『もののなまえ』には身の回りのものについてこれでもかというほど書かれています。

この一冊さえあれば身の回りのものについては完璧。

図鑑を見て名前を教えてあげて、実物を使って使い方を教えてあげるのが一番です。

子供の頃の記憶力は目を見張るものがあります。

記憶力が一番いい時期に『もののなまえ』を使って、身の回りのものについて全て覚えさせてしまいましょう。

子供の観察力が上がって身の回りのものに興味をもつ

『もののなまえ』には身の回りのものが書かれています。

もともと身の回りのものに興味がなかったとしても、

  • これってなんだろう?
  • 図鑑に書いてあるものが家にある!

と考えるようになり、だんだん興味が出てきます。

また実物と図鑑の絵を見比べることによって観察力も上がりますよ。

子供の集中力が上がる

『もののなまえ』をじっくり見ている時の集中力はすごいです。

細かいところまで書かれているので、おもわず見入ってしまうんですよね。

息子が『もののなまえ』を見ている時は私が話しかけても無視されます。

子供の集中力がなくて心配なら、『もののなまえ』を使って集中力を高めましょう!

まとめ:子供に『もののなまえ』をプレゼントしよう

プレゼント

子供が身の回りのものに興味が出てきたら、学研の『はっけんことばずかん もののなまえ えいごつき』をプレゼントしちゃいましょう。

もののなまえのオススメポイントは、

  • 身の回りの風景が書かれている珍しい図鑑
  • しかけ窓で子供が楽しめる
  • 親子でコミュニケーションをとりながら名前を覚えられる

ということ。

残念なところ

  • 絵が細かすぎる
  • 一冊の図鑑に詰め込みすぎ

もありますが、私は買ってよかったです。

『もののなまえ』を読むと

  • 子どもが身の回りのものの名前を覚えることができる
  • 子供の観察力が上がって身の回りのものに興味をもつ
  • 子供の集中力が上がる

といった効果があるので、1~2歳の子供に何か図鑑をプレゼントしたいと考えているなら『もののなまえ』はすごくオススメ。

一家に一冊は必要ですよ。

以上です!

関連記事

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てている28歳のひとみです。 2015年:夫に出会う→2016年:結婚→2017年:息子を出産→2018年~現在:離婚に向けて行動中。 自分が経験してきた結婚・出産・子育て・離婚を中心に記事を書いています。