雑記

秋は蚊に要注意!蚊から子供を守る対策と蚊に刺された後の処置について紹介します

こんにちは。ひとみです。

秋は涼しくて過ごしやすいですよね。

でもその時に気を付けて欲しいのが蚊です。

涼しくなると人も活動的になりますが、蚊も活動し始めます。

足の裏や顔、耳などに刺されると厄介ですよね。

私の息子は散歩中にひざに2か所、睡眠中に耳、ひざ、足の裏にそれぞれ1か所ずつ刺されてしまいました。

寝ているときにかきむしってしまうので本当にかわいそうです。

そこで今回は私の息子みたいに蚊に刺されないように、蚊に刺されない方法と蚊に刺された後の処置について紹介します。

  • 蚊に刺されたくない
  • 蚊に刺された後にかきむしって傷になってしまった
  • 小さい子供がいる

という方はぜひ読んでみてください。

蚊は真夏より秋の方が多い

蚊は夏に発生するかと思われていますが、実は秋の方が多く飛んでいます。

蚊は15〜35度の時に活動するので秋の気候がちょうどいいのですよね。

夏が終わったと思って油断しているとすぐに刺されてしまいますよ。

私の経験では9月が一番刺されています。

散歩で公園に行ったときは1時間で5ヶ所も刺されてしまいました。

子供が遊具で遊んでいるのを眺めているときにブスブス刺されてしまったんですよね。

おでこにも刺されて赤く腫れあがったので、恥ずかしかったですよ。

本当に憎き蚊です。

秋はキャンプやバーベキューに良い気候ですが、蚊に刺されないように注意しましょう。

外で遊ぶときには長袖・長ズボンを着て、虫除けをしておきましょう

蚊に刺されてしまうとすごくかゆいですよね。

大人はちょっとぐらい刺されても我慢できますが、子供の場合はかきむしって傷になってしまいます。

かくのやめなさいと言っても子供は言うことを聞いてくれませんからね。

そこで蚊に刺されないように対策をすることが大事です。

対策として一番なのは夏でも長袖・長ズボンを着ることです。

肌さえ露出しなければ蚊や虫に刺される心配はないですからね。

でも夏の暑い時に長袖・長ズボンを着るのは子供も大人も辛いですよね。

厚着させすぎてあせもができてしまったら大変ですし。

森や草が生い茂ったところに行く場合はマダニがいる可能性があります。

マダニに刺されると感染症にかかる可能性があるので注意です。

マダニ対策には肌を露出させないことが大事なので、暑くても長袖・長ズボンを着るようにしましょう。

なので夏の外遊びは薄着で虫除けをしっかりとやりましょう。

虫除けをしておけば蚊や虫に刺される心配がないですからね。

虫除けには、

  • スプレータイプ
  • シートタイプ
  • シールタイプ
  • リングタイプ

があります。

スプレータイプ

一番王道なのがスプレータイプですね。

100均にも売ってますし、いろんな種類があるので自分の気に入ったものを選んでみるといいと思います。

この虫除けスプレーは大人だけでなく子供も使えます。

このスプレーを付けていると蚊がたくさんいる公園でもへっちゃらです。

容器も可愛いので、玄関に置いておいてもおしゃれですよ。

シートタイプ

シートタイプはウェットティッシュに虫除け成分がついている感じです。

私は持ち運びにも便利なこのシートタイプを使っています。

スプレーとは違って周りに飛び散らないので、人前でも気にせずにつけることができます。

ですが一夏で使い終わらないとカピカピに乾いてしまいますので、それだけは注意してくださいね。

これも上のスプレーと同じで子供にも使えます。

8時間持続するので、朝から夕方まで効果が持続します。

20枚で400円ぐらいなのでだいたい1枚20円です。

ちょっとお高めですが、持ち運びしやすいですし、子供の肌に塗るのも簡単ですよ。

  • いつも虫除けスプレーが余って困る
  • 蚊の多いところはたまにしか行かない

という方におすすめです。

シールタイプ・リングタイプ

シールタイプやリングタイプは肌が弱い赤ちゃんや子供におすすめです。

シールタイプは肌にペタッとつけるだけですし、リングタイプは手足に巻きつけるだけです。

シールタイプは汗や水で流れることがないので川や海に行くときにおすすめですよ。

またシールだと子供が遊び感覚で自分で張ってくれます。

72枚も入っているのですごくお得です。

シールだけだと蚊に刺されることもあるので、スプレーと併用するのが最強の蚊対策ですよ。

リングタイプも川や海の時におすすめです。

ですがこのタイプはサイズがあるので、手足がムッチムチの子供だと入らないということがあります。

また手足につけるのを嫌がる子供にも向きません。

手足が細く、アクセサリー感覚でつけるのを好む子供だったら買ってみてもいいと思いますよ。

虫除けをケチると効果が半減してしまうので、使用方法をよく読んで適量を使うようにしましょう。

もし蚊に刺されたら、子供がかきむしる前にかゆみ止め!

万全の対策を取っていても蚊に刺されてしまうことはあります。

特に蚊が家の中に入り込んでしまったら刺されるのも時間の問題です。

子供が蚊に刺されてしまったら早めにかゆみ止めを塗りましょう。

子供は痒いと遠慮なくかきむしってしまいますからね。

そしてかきむしってしまうと傷になって、

傷になる→痒くなる→またかいてしまう

の悪循環に陥ってしまいます。

また傷跡が残ってしまうかもしれません。

かくことは百害あって一利なしなので、かきむしらないように蚊に刺されたら早めにかゆみ止めを塗りましょう。

子供のかゆみ止めには「ムヒパッチ」と呼ばれるものを使うのがおすすめです。

ムヒパッチはかゆみ止め成分が付いたシールで、ムヒパッチを刺されたところに貼るとかゆみが収まり、もしかいてしまって傷にはなりません。

私の息子は夜寝ている最中にかきむしってしまうので、寝る前にムヒパッチを付けるようにしています。

そうすると寝ている最中にかいても傷にならないので安心ですよ。

またもしかいてしまっても傷にならないように、日ごろから爪の手入れはしっかりとやっておきましょう。

もしかきむしってしまったら、ワセリン+絆創膏で傷を治そう

かゆみ止めを塗っていてもかいてしまうことはありますよね。

寝ているときは無意識にかいてしまいますし。

私の息子は寝ているときにかきむしってしまうので、朝起きたら傷が増えている!ということは良くあります。

ムヒパッチを付ければ傷は増えないのですが、たまに忘れてしまうのですよ。

もし刺されたところが傷になってしまったら、早くその傷を治すことに専念しましょう。

引っかき傷にはワセリンと絆創膏がおすすめです。

傷跡を残さないようにするためには傷口を乾燥させないことが大事なので、傷口が乾燥し無いようにワセリンで保護。

その上から絆創膏を貼ることによって、保湿と引っかき防止ができます。

また傷口に紫外線が当たると傷跡が残る原因になりますから、絆創膏を貼ることで紫外線予防もできます。

毎日ワセリン+絆創膏をしていれば1、2週間で綺麗に治りますよ。

まとめ:子供が蚊に刺されないように対策をしっかりしましょう

夏や秋は蚊が大量に飛び回っています。

でも子供には外遊びを思いっきりさせてあげたいですよね。

蚊に刺される前の対策と刺された後の処理さえしっかりやれば怖くありません。

蚊に刺されないように

  • 長袖・長ズボンで肌を保護
  • 虫除けを使って蚊と虫を近づけない

刺されてしまったら

  • かゆみ止めで早めの対処

かきむしって傷になってしまったら

  • ワセリン+絆創膏で患部を保護

親が子供を蚊から守ってあげましょう。

以上です!

関連記事

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てているひとみです。 2015年に夫に出会い、2016年に結婚、2017年に息子を出産し、2018年からは離婚に向けて動いています。 自分が経験してきた結婚・出産・子育て・離婚を中心に記事を書いています。