結婚

【ペーパーアイテム】結婚式の招待状・席次表・席札の作るコツとポイント

こんにちは。ひとみです。

前回、引き出物の選び方についての記事を書きました。

今回は、結婚式で使われる「ペーパーアイテム」について書きたいと思います。

ペーパーアイテムは招待客が一番最初に見て、そして一番多く見るものです。

私は今まで出席した結婚式のペーパーアイテムは記念としてとってありますし、私のような人は結構多いと思います。

招待客が喜ぶような素晴らしいものを作りたいですよね。

今回は

  • 素晴らしいペーパーアイテムを作りたい!
  • ペーパーアイテムの作り方を知りたい!

という方におすすめですので、是非読んでみてください。

ペーパーアイテムとは

ペーパーアイテムとは、「招待状」「席次表」「メニュー表」「席札」など、結婚式で使う紙類のことを指します。

ペーパーアイテムを作るには3つの方法があります。

  • 式場に頼む
  • 自分で1から作る
  • キットを購入する

それぞれの良いところ・悪いところを紹介します。

自分に合った方法を見つけてくださいね。

「式場に頼む」「自分で1から作る」「キットを購入する」の比較

式場に頼む

良いところ
  • 式場の人がやってくれるので手間がかからない
  • 立派な仕上がりになる
悪いところ
  • 値段が高い
  • 種類が少ない

この方法でもいくつかの作業(招待状の封入や参列者の座席を考えるなど)があります。

ですが、他の方法と比べると作業量が少ないので、

  • お金はある
  • 時間が無い

という人におすすめです。

この方法が気になる人は、ウェディングプランナーさんに頼んで、サンプルを見せてもらうといいですよ。

自分で1から作る

良いところ
  • 値段が一番安い
  • 自分のこだわりを発揮できる
悪いところ
  • 手間と時間が一番かかる

自分で封筒や紙を用意して作るので、今回紹介する方法の中で一番安く仕上がります。

ネットで席次表や招待状などのテンプレートがあるので、それを印刷して作ることも可能です。

しかし、手間と時間は一番かかるので、

  • こだわりが強い
  • 値段をかなり安くしたい
  • 時間は沢山ある

という人におすすめです。

キットを購入する

良いところ
  • 式場に頼むよりは安く済む
  • 種類が豊富
悪いところ
  • プリンターがないと作れない
  • 手間と時間がかかる

この方法は「式場に頼む」よりは安く済み、「自分で1から作る」よりは手間がかからない、良いとこ取りをした方法です。

  • 値段を安くしたい
  • 手間はそんなにかけたくない

という人におすすめです。

私はこの方法を使ってペーパーアイテムを作りました。

この方法が気になる人は、ネットでサンプルを見てみるといいですよ。

また、サンプルをいくつか無料で注文することも可能ですので、是非サンプルを注文してみてください。

私が使ったサイトは「bless」

ちなみに私は、「bless」というサイトを利用しました。

「招待状」「席次表+メニュー表」「席札」を80部ずつ購入したところ、

合計で27,238円になりました。

柄によって値段が異なるので、人によってはこれより高くなったり、安くなったりします。

いろんな柄があるので、見るだけでも楽しいですよ。

気になる人はこのサイトを覗いてみてください。

キットを使ったペーパーアイテムの作り方

私は上記で紹介した「bless」を使ってペーパーアイテムを作りましたが、他のサイトでも同じように作ると思います。

私が実際に行ったペーパーアイテムの作り方を簡単に説明します。

また、これは全部に共通するポイントです。

  • インク切れしないように注意
  • 印刷に失敗する可能性を考えて多めに購入
  • 作成したらプランナーさんに確認してもらう
  • お試し印刷にはただの紙を使用すること

招待状

  1. 招待する人数を確定させる
  2. サイトにあるテンプレートを参考に1部作ってみる
  3. ウェディングプランナーにその仕上がりを見てもらう
  4. 指摘を修正する
  5. ③、④を合格が出るまで繰り返す
  6. 完成したら、キットを使って招待状を人数分印刷する<招待状完成!>
  7. 出欠席の返信ハガキには62円の慶事用切手を貼る<返信ハガキ完成!>
  8. ウェディングプランナーから式場の案内図を人数分もらう<案内図ゲット!>
  9. 封筒の宛先は「印刷」「自分で書く」「プロに書いてもらう」などの手段を使って書く
  10. 封筒に82円または92円の慶事用切手を貼る<封筒完成!>
  11. 封筒に「招待状」「案内図」「出欠席の返信ハガキ」の順に入れていく(封筒を開けて一番最初に招待状が見えるようにする)<完成!>
  • 封筒の切手代を間違えないように郵便局で重さを計ってもらったほうが安心
  • 切手は「慶事用」を郵便局で購入してください

席次表

  1. 返信ハガキが来ない限り席は確定しませんが、招待した人全員を入れて、サイトにあるテンプレートを参考に1部作ってみる
  2. ウェディングプランナーにその仕上がりを見てもらう
  3. 指摘を修正する
  4. ②、③を合格が出るまで繰り返す
  5. 返信ハガキが全員分来るまで待つ
  6. 出席人数が確定したら、席次表を微調整する
  7. ウェディングプランナーに最終チェックしてもらう
  8. 完成したら、キットを使って席次表を人数分印刷する<完成!>
  • 返信ハガキが来るまで完成しないので、全員分届いてからの作成でも可
  • 返信ハガキが来ても急遽変更になる可能性もあるので、全部の印刷は結婚式の1週間前のほうが安心
  • 肩書きや名前は間違えやすいので注意

メニュー表

  1. メニューの内容をウェディングプランナーに教えてもらう
  2. サイトにあるテンプレートを参考に1部作ってみる
  3. ウェディングプランナーにその仕上がりを見てもらう
  4. 指摘を修正する
  5. ③、④を合格が出るまで繰り返す
  6. 完成したら、席次表の裏に印刷する<完成!>
  • パンフレットとは料理のメニューが異なっている場合があるので、必ずプランナーさんに教えてもらう

席札

  1. サイトにあるテンプレートを参考に1部作ってみる
  2. 微調整して完成したら、出席する人全員分+新郎新婦分を印刷する<完成!>
  • これはプランナーさんの確認はいらないかも・・・?(私はしませんでした)
  • 裏面に一言コメントを書くと喜ばれますよ

まとめ:自分の一番やりやすい方法で作りましょう!

ペーパーアイテムは招待客がよく見るものです。

綺麗にしっかりと作られていると貰ったほうは嬉しいですよ。

ペーパーアイテム作成の方法には、

  • 式場に頼む
  • 自分で1から作る
  • キットを購入する

があります。

大変だとは思いますが、自分に合った方法を使って素晴らしいものを作ってみてください。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
生まれも育ちも神奈川県の28歳子育て主婦。 システムエンジニアだったが、結婚・出産を機に退職し、現在は息子を育てながら日々同じようなことをして過ごしている。 好きなことはテレビを見ることや携帯ゲームをすること。 ブログでは子育てやライフイベント関係を中心に発信していく。