子育て

1歳の息子へスイッチおもちゃを作ってみた

こんにちは。ひとみです。

1歳の息子が家のスイッチをよくパチパチしてるので、壊れるんじゃないかと日々ビクビクしていたので、スイッチのおもちゃを作ってみました。

ちょっと作るのは大変なので、理科に詳しくて、腕力がある人に作ってもらえるといいと思います。私は父親に作ってもらいました。

スイッチおもちゃの作り方

原理

原理は小中学校の時にやった理科の電気実験と同じです。

最初は実験道具を買って電気実験でやったようなものを作ろうかと思ったんですが、電池がぽろっと取れて飲み込むんじゃないかと思ったのでやめました。(息子はまだまだいろんなものを飲み込んじゃうお年頃なので・・・)

でも、電気実験風に作った方が簡単なので、作るのに自信がない人や子供がもう少し大きくて飲み込む心配がない人はそっちの方がおすすめです。(子供も構造がわかりやすいから楽しいと思いますし)

材料

  • LEDライト(ダイソーで購入)
    ※LEDだと熱くならないのでLEDにしてください!
  • スイッチ(ホームセンターで購入)
  • 銅線
  • 銅線を固定する金属のもの
  • スイッチとLEDライトを固定するもの(今回は残ってた材木を使用)
  • いらないベルト

材料は大体こんなものかなと。

また、電機実験風に作るための材料はホームセンターですべて買うことができるので、興味がある人はホームセンターへGO!

作り方

ちゃっちゃと作り方を説明します!

LEDライトの中にあるプラスとマイナスの電池をつなぐ金属板を取ります。
それぞれの電池のプラス、マイナスから銅線を繋ぎます。

スイッチと銅線を繋ぎます。

ベルトを使ってLEDライトとスイッチを板に固定すれば終わりです!

まとめ

簡単そうに思えますが結構大変でした。特にLEDライトから銅線を繋ぐところとか…。

でも、このおもちゃのおかげで家のスイッチで遊ばなくなりました。しかも、夜に子供が寝たあと、私の布団の横にこのおもちゃを置いて本を読めるようになりました。

子供がスイッチが好きで、工作が好きな人がいたら作ってみたらいかがでしょうか。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
生まれも育ちも神奈川県の27歳子育て主婦です。 IT企業でシステムエンジニアでしたが、結婚・出産を機に退職し、現在は息子を育てながら専業主婦をしています。 好きなことはテレビを見ることや携帯ゲームをすることです。 ブログでは子育て関係を中心にいろんな内容を発信していきたいと思います。 こんな私ですが、よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください