子育て

【虫歯予防】子供の乳歯を虫歯から守ろう!

こんにちは。ひとみです。

子供が虫歯にならないか心配じゃないですか?

私の子供は歯磨きも仕上げ磨きも嫌いなので、いつも虫歯にならないかと心配しています。

虫歯にならないようにする方法はないかとテレビやネットで調べてみて、良さそうなものを実践しています。

そこで今回は、私が実践している子供が虫歯にならないようにする方法を紹介します。

子供が虫歯にならないかと心配な人は是非読んで欲しいです。

虫歯予防の方法

私がやっている虫歯予防法です。

  • 口移しでご飯をあげないように
  • 歯磨きと仕上げ磨きを丁寧に
  • ちょこちょこ食べをしない
  • 食後にチーズを食べる

特に、大人が口をつけたものをあげないようにすることは1番気をつけています。

口移しでご飯をあげないように

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいないんですって。

大人の口の中にいる虫歯菌が子供の歯に感染し、虫歯になります。

だから、大人から虫歯菌をうつさないようにすれば、子供は虫歯にならないのです!

虫歯菌は、

  • 大人が食べたものを子供にあげる
  • 大人が使用したスプーンを子供に使う

などの行動をすることによって虫歯菌は子供にうつってしまいます。

虫歯菌を子供にうつさないように気をつけてください。

歯磨きと仕上げ磨きを丁寧に

歯磨きは大人も子供も大事なのに、子供は歯磨きを嫌がってしまいますよね。

私の子供なんて、歯ブラシを渡してもすぐに投げ捨てますよ。仕上げ磨きをしようにも嫌がって泣いてしまいます。

だから、いつも夜の歯磨きタイムは憂鬱だったんですが・・・

最近子供用歯ブラシをおもちゃとしてテーブルの上に置いておいたら、自分から歯ブラシを噛み噛みしていました!

本人は歯磨きではなく、遊びとしてやっているのかもしれません。でも、それから歯ブラシを口に入れても嫌がらなくなったので、私は助かりました。

子供が歯ブラシを噛み噛みしている時に、ちょこっと私がその口に咥えている歯ブラシを動かして仕上げ磨きをしています。

まだ前歯しかないから出来る技ですが、今はこれぐらいで終わらせています。

奥歯が生えてきたら、今度はちゃんと横にして仕上げ磨きをしていきます。

歯ブラシをおもちゃとするのはおすすめです。

ただし、おもちゃとする時は必ず喉に刺さらないようにストッパーが付いているもので、口に歯ブラシを咥えた状態で歩かせないようにさせてくださいね。

ちょこちょこ食べをしない

食事をすると、口の中が酸性に傾いて歯のカルシウムなどのミネラルが溶け出してしまいます。

時間が経つと口の中は通常の中性に戻り、歯の「再石灰化」が起こって、歯も元通りになります。

酸性:歯からカルシウムなどの成分が抜ける「脱灰」が起こる

中性:歯にカルシウムなどの成分が付着する「再石灰化」が起こる

この酸性の状態が続くと歯からミネラルが少なくなって歯が弱くなり、虫歯になってしまいます。

また、糖分が虫歯菌の餌になるので、長時間食べ物が口にあると虫歯菌が活発に働きます。

なので、子供も大人もちょこちょこ食べはしないで、時間を決めて食べるのがおすすめです。

私の子供はいつも朝昼晩とおやつを2回です。ご飯とおやつの時間は大体2時間ぐらい空けています。

まぁ2時間ぐらい経つと子供もお腹が空くみたいでぐずり始めるので、それが目安です。

また、食後すぐに歯磨きをすると逆に歯に良くないので、時間が30分ぐらい経ってから歯磨きをするといいですよ。

私も夜ご飯が食べ終わって、30分経ってから歯ブラシを子供に渡しています。

食後にチーズを食べる

最近テレビで知ったのですが、チーズには虫歯を予防する効果があるんですって。

通常は食事をすると口の中は酸性に傾くのですが、チーズを食べるとアルカリ性に傾きます。

アルカリ性に傾くと歯の成分が溶け出しにくくなり、歯の再石灰化を促進します。

特にハードタイプのチーズが良いそうなので、大人も食後にチーズを食べて虫歯予防しましょう!

まとめ:子供の歯を虫歯から守ろう!

虫歯予防にはいくつかの方法があります。

  • 口移しでご飯をあげないように
  • 歯磨きと仕上げ磨きを丁寧に
  • ちょこちょこ食べをしない
  • 食後にチーズを食べる

子供の乳歯が虫歯になったら、永久歯にも影響が出てしまいます。

子供の歯を守れるのはお母さんです!

大変ですが、一緒に頑張っていきましょう。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
生まれも育ちも神奈川県の28歳子育て主婦。 システムエンジニアだったが、結婚・出産を機に退職し、現在は息子を育てながら日々同じようなことをして過ごしている。 好きなことはテレビを見ることや携帯ゲームをすること。 ブログでは子育てやライフイベント関係を中心に発信していく。