結婚

【引き出物】結婚式の引き出物の種類と選び方。引き出物の郵送には「ギフトナビ」がおすすめ!

こんにちは。ひとみです。

前回、婚礼料理の選び方について記事を書きました。

なので今回は、「引き出物」についての種類と選び方を紹介したいと思います。

引き出物は参列者の方が楽しみにしているポイントです。絶対に失敗したくないですよね。

でも、引き出物って大体5000円(+税)×人数分なので、かなり費用がかかるところなんですよ。

しかも、上司や親戚などには+2000円ぐらい引き出物の値段を上げることになるので、親戚や上司が多いと費用がかなりかかります。

私の場合は引き出物で大体40万円近くなりました・・・。

なので、引き出物は値段を抑えつつ、良いものを選んで参列者の皆さんに喜んでもらいましょう!

今回は

  • 参列者の方に喜んでもらいたい!
  • けど、値段は抑えたい!

という方におすすめですので、是非読んでみてください。

引き出物の選び方

まず、引き出物とは、

  • 「メイン」
  • 「引菓子」
  • 「縁起物」

の3つを合わせたものです。

そして、メインの引き出物には、

  • 品物
  • カタログギフト

の2種類があります。

昔は品物でしたが、最近主流なのはカタログギフトです。

品物だと人によって好き嫌いがあるので、カタログギフトがおすすめですよ。

せっかく送ったのに、気に入らなかったからとメルカリなどで売られてしまったら悲しいですし。

参列者の方にはカタログギフトから自分が欲しいものを選んでもらいましょう。

そして、メインの引き出物の値段ですが、大体もらえるであろうご祝儀の10分の1ぐらいが目安です。

また、引菓子や縁起物はそれぞれ1000円ぐらいです。

私の例ですが、

  • 友人の場合:5000円前後(メイン3000円+引菓子1000円+縁起物1000円)
  • 夫婦で呼んでいる場合:7000円前後(メイン5000円+引菓子1000円+縁起物1000円)
  • 親戚の場合:7000円前後(メイン5000円+引菓子1000円+縁起物1000円)
  • 上司(挨拶や乾杯を頼んでいる)の場合:7000円前後(メイン5000円+引菓子1000円+縁起物1000円)

1人につき、これぐらいかかりました。

自分の参列者を考えてメインの引き出物のレベルを決めてください。

まとめ
  • 引き出物は「メイン」「引菓子」「縁起物」
  • メインにはカタログギフトがおすすめ
  • メインは大体、ご祝儀の10分の1
  • 引菓子、縁起物はそれぞれ1000円ぐらい

持ち込む?郵送?式場のもの?

引き出物は3パターンから選びます。

  • 持ち込む
  • 郵送
  • 式場と提携している引き出物を使用

それぞれに特徴がありますので、自分に合った方法を選んでください。

持ち込む

いい点
  • 値段を抑えられる
  • ネット上にあるいろんな引き出物から選ぶことが出来る
悪い点
  • 式場によっては持ち込みが出来ない
  • 前日までに式場に引き出物を持っていく
  • 参列者の人は引き出物を持ち帰ることになる

この方法のポイントは、

  • 従来型の参列者が引き出物を持って帰る方式
  • ネット割引があり、値段を安く出来る

私の場合は式場が引き出物の持ち込みが禁止だったので、この方法は使えませんでした。

この方法はこのような人におすすめです。

  • 式場が持ち込み可能
  • ネットから自分で引き出物を選びたい人
  • 値段を安くしたい

郵送

いい点
  • 値段を抑えられる
  • 郵送だから参列者の人が持ち帰る手間が無い
  • 持ち込みが禁止の式場でも、対応可能
悪い点
  • 郵送のため参列者の住所登録が大変
  • 前日までに式場に「引き出物は後日発送である」ことが書いてある紙を持っていく
  • 参列者の人は在宅していないと受け取れない

この方法のポイントは、

  • 参列者の人に負担をかけない最新の郵送方式
  • ネット割引があり、値段を安く出来る
  • 引き出物を持ち込まないので、持ち込み不可の式場でも対応可能

私はこの方法を採用しました。

この方法はこのような人におすすめです。

  • 引き出物持ち込み不可の式場
  • 式場が参列者の人から遠い場所
  • 値段を安くしたい

式場と提携している引き出物を使用

いい点
  • 手間がかからない
  • 式場の人が準備してくれる
悪い点
  • 値段が高い
  • 引き出物を限られた中から選ぶことになる
  • 参列者の人は引き出物を持ち帰ることになる

この方法のポイントは、

  • 割引が無いため、値段が高くなる
  • プランナーさんが発送・準備をしてくれるため、手間がかからない

私は値段が高く、引き出物の種類が少なかったので、この方法は選びませんでした。

この方法はこのような人におすすめです。

  • 手間をかけたくない

郵送にはギフトナビがおすすめ

私は値段を安くし、参列者の人に負担をかけたくないため、引き出物を郵送しました。

私が使用した引き出物サイトは内祝いギフトナビです。

このサイトの特徴は

  • 4000円以上で送料無料
  • 10万円以上で20%OFF
  • 引き出物の種類が豊富
  • 住所の入力がわかりやすくて簡単
  • 引き出物の送り分けも簡単に出来る
  • 「引き出物は後日送ります」的な案内カードも無料で用意してくれる
  • ついでに手提げ袋も購入することが出来る

私が特に引かれたのは10万円以上で20%OFFです。

引き出物は高額ですので、かなり値下げすることが可能です。私もいくつかの引き出物のサイトを比較したのですが、一番値下げ率が高かったです。

私は引き出物に値下げ前が40万円近くかかったので、大体8万円ほど値段を下げることが出来ました。

また、住所の入力や引き出物の送り分けも本当に簡単に出来ましたよ。

ついでにプチギフトも購入することが可能です。プチギフトも一緒に購入してしまえばより値下げすることが出来ます。

良い点ばっかり紹介してしまっているので、このサイトの悪い点も紹介したいのですが、考えてみても思い浮かばないんですよね・・・。

メルマガも特に無いですし、私にとっては文句なしのサイトです。

本当におすすめなので、気になる人は見てみてください。



まとめ:引き出物はお財布と参列者の人を考えて選びましょう

引き出物を選ぶポイントをまとめました。

  • 引き出物は「メイン」+「引菓子」+「縁起物」
  • メインはご祝儀の10分の1、引き菓子は1000円、縁起物は1000円ぐらい
  • 引き出物は「持ち込み」「郵送」「式場のもの」、3つのどれにするか選ぶ
  • 郵送では「ギフトナビ」がおすすめ

引き出物は参列者が楽しみにしているポイントです。

値段も高いのでじっくりと検討して選んでみてください。

引き出物の種類も大量にあるので選ぶのが大変だと思いますが、頑張ってください。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てているひとみです。 2015年に夫に出会い、2016年に結婚、2017年に息子を出産し、2018年からは離婚に向けて動いています。 自分が経験してきた結婚・出産・子育て・離婚を中心に記事を書いています。