結婚式

後悔しない結婚式の引き出物の選び方。引き出物の郵送には『ギフトナビ』でしょ!

ギフト

こんにちは。ひより(@hiyori4050)です。

結婚式に出席する人は婚礼料理と『引き出物』を楽しみにしています。

↓婚礼料理について詳しく知りたいあなたはこちらを読んでみてくださいね

婚礼料理と引き出物を制する者が結婚式を制する!引き出物も手を抜かずに頑張って決めていきましょう。

 

ちなみに引き出物って一人だいたい5000円(+税)がかかります。上司や親せきなどはもっと金額を上げないといけません。

私は引き出物で約40万円ほどかかりました。

つまりあまり考えずに引き出物を決めちゃうと、あとで後悔することになります。

今回は引き出物の相場と引き出物の選び方を紹介しますので、ちゃんとじっくり考えてくださいね。

引き出物っていったい何?

引き出物はこの3つ、

  1. メイン(品物もしくはカタログギフト)
  2. 引菓子
  3. 縁起物

をセットにしたものを言います。

引菓子や縁起物もそれぞれ選ぶのですが、一番大事なのはメインの品物もしくはカタログギフト。

昔はメインといえば品物が主流でしたが、近年人気なのはカタログギフトです。品物だと人によって好き嫌いがあるのですが、カタログギフトはそれぞれが好きなものを選べるので魅力的なんですよね。

しかもコンパクトだから持ち帰りも楽。出席者は品物よりもカタログギフトの方が喜びますよ。

よーこ
よーこ
私も引き出物のメインにはカタログギフトにしました。品物にすると気に入らない場合はメルカリなどで売られてしまう可能性がありますよ

引き出物の相場はどれぐらい?

引き出物の相場
  1. メイン:ご祝儀の10分の1(ご祝儀が3万円なら3000円)
  2. 引菓子:約1000円
  3. 縁起物:約1000円

私が実際に引き出物にかけた金額はこれです(1人に対して)。

  • 友人と同僚:5000円前後(メイン3000円+引菓子1000円+縁起物1000円)
  • 夫婦:7000円前後(メイン5000円+引菓子1000円+縁起物1000円)
  • 親戚:7000円前後(メイン5000円+引菓子1000円+縁起物1000円)
  • 上司(挨拶や乾杯を頼んでいる):7000円前後(メイン5000円+引菓子1000円+縁起物1000円)

70人ぐらい呼んだので、引き出物の合計は約40万円ほどになりました。

よーこ
よーこ
塵も積もれば山となる。引き出物のレベルをちょっと上げるだけでかなりの金額になりますよ

引き出物は持ち込む?郵送?式場のもの?

引き出物はこの3パターンからどれにするか選びます。

  • 結婚式場に持ち込む
  • 結婚式後に各家庭に郵送
  • 式場と提携している引き出物を使用

それぞれに特徴があるので、自分に合った方法を選んでください。

よーこ
よーこ
ちなみに私は『結婚式後に各家庭に郵送』にしました

結婚式場に持ち込む

  • ネット割引があるので、値段を抑えられる
  • ネット上にあるいろんな引き出物から選ぶことが出来る
  • 式場によっては持ち込みが出来ない
  • 前日までに式場に引き出物を持っていかないといけない
  • 出席者の人は引き出物を持ち帰ることになる

式場に持ち込みが可能であれば、検討してみてもいいかも。でも私は式場に持ち込むのであれば、次に紹介する各家庭に郵送する方法をとる方がいいと思います。

この方法が向いている人
  • 式場が持ち込み可能
  • ネットから自分で引き出物を選びたい人
  • 値段を安くしたい

結婚式後に各家庭に郵送

  • ネット割引があり、値段を抑えられる
  • 郵送だから出席者の人が持ち帰る手間が無い
  • 持ち込みが禁止の式場でも、対応可能
  • 出席者の住所登録に時間がかかる(住所は出席可否のカードに書いてあるものを利用)
  • 前日までに式場に「引き出物は後日発送である」ことが書いてある紙を持っていく
  • 出席者の人は在宅していないと受け取れない

どんな結婚式場でも対応できるのがメリットですが、住所登録がちょっと大変でした。でも安くなったり、出席者の人が持ち帰らなくて済むので、時間があるならこの方法はオススメです。

この方法が向いている人
  • 引き出物持ち込み不可の式場
  • 式場が参列者の人から遠い場所
  • 値段を安くしたい

式場と提携している引き出物を使用

  • 手間がかからない
  • 式場の人が準備してくれる
  • 値段が高い
  • 引き出物を限られた中から選ぶことになる
  • 出席者の人は引き出物を持ち帰ることになる

ネット割引が使えないため値段は高いですが、一番手間がかからない方法です。仕事が忙しいのであればこの方法が一番かも。

この方法が向いている人
  • 手間をかけたくない

引き出物を郵送するならギフトナビがオススメ!

私は引き出物の値段を抑えたいと思い、引き出物を郵送することにしました。

私が使用した引き出物サイトは内祝いギフトナビです。

このサイトの特徴はこの7つ

  1. 4000円以上で送料無料
  2. 10万円以上で20%OFF
  3. 引き出物の種類が豊富
  4. 住所の入力がわかりやすくて簡単
  5. 引き出物の送り分けも簡単に出来る
  6. 「引き出物は後日送ります」という案内カードも無料で用意してくれる
  7. ついでに手提げ袋も購入することが出来る

一番魅力的なのは10万円以上で20%OFF

引き出物は値段の高い項目なので、かなり値下げをすることができます。いくつかの引き出物のサイトを比較したのですが、ギフトナビが一番値下げしてくれます。

私は引き出物の値下げ前が約40万円だったので、だいたい8万円安くすることができました。

よーこ
よーこ
10人以上出席者を呼ぶ場合は、ギフトナビを使わないともったいないですよ

住所の入力や引き出物の送り分けも本当に簡単でした。半日あればできちゃいます。

ついでにプチギフトも購入することが可能。プチギフトも一緒に購入してしまえば、より値下げすることが出来ます。

プチギフトとは出席者が帰るときに渡すプレゼントのこと

結婚式のプチギフト

「良いところしか紹介してないけど、大丈夫かな・・・」と思うかもしれませんが、悪いところが見つからないんですよね。

運営会社は『株式会社大進本店』という大手で、情報セキュリティもしっかりしています。個人情報が洩れるということはありません。

ちゃんと結婚式の次の日には各家庭に引き出物を届けてくれますよ。



結婚式引出物が最大20%割引きに!

まとめ:引き出物はお財布と出席者を考えて選びましょう

今回のポイントをまとめました。

  • 引き出物は『メイン』+『引菓子』+『縁起物』
  • メインはご祝儀の10分の1、引き菓子は約1000円、縁起物は約1000円
  • 引き出物は『持ち込み』『郵送』『式場のもの』、どれにするか選ぶ
  • 郵送では『ギフトナビ』がオススメ

出席者は引き出物を楽しみにしています。値段も高いので、じっくりと検討しましょう。

  • お金に余裕があるけど時間がないあなた:式場提携の引き出物
  • 引き出物の費用をできるだけ安くしたいあなた:ギフトナビを使って各家庭へ引き出物を郵送

おしまい

ABOUT ME
ひより
「恋愛・結婚・離婚・子育て・占い」関係のブログ。最近は「占い」のジャンルに力を入れています。 私の占いはルノルマンカードと数秘術。何か悩みがあるなら、私に連絡をください。相談に乗りますよ。