結婚

【結婚式受付】初めて結婚式の受付をやる方必見!絶対に失敗しない受付のポイント

こんにちは。ひとみです。

結婚式の受付を始めてやるときは緊張しますよね。

私は先日友人の結婚式の受付を始めてやりました。

もう1人の受付の女の子は知らない子でしたのですごく緊張しましたよ。

今回は結婚式の受付が失敗しないように受付のポイントを説明します。

  • 結婚式の受付が始めてで緊張する
  • 受付って何をすればいいのかわからない
  • 受付のイメージをつかみたい

という方は是非読んでみてください。

これを読めば受付のイメージがつかめますよ!

時間より早めに式場に着いておく

結婚式の受付は受付開始時間よりも30分前には式場に到着しておかないといけません。

例えば12時挙式開始だと大体受付開始は11時半からなので、受付の方は最低でも11時には到着しておく必要があります。

招待状と一緒に「受付は~時には到着しておいてください」という紙が同封されていると思いますので、それを必ずチェックしておきましょう。

そしてできればその紙に書かれてある時間よりも早く式場に到着しておくといいですよ。

始めての駅、初めての式場だともしかして道に迷う可能性もあるので、それも考慮して余裕を持っておきましょう。

私は受付開始時間より45分前には着いていました。

誰もいなくてちょっと寂しいですが、ホテルの椅子に座ってスマホでもいじっていたらすぐに時間が来ちゃいますよ。

式場に着いたら式場スタッフに受付であると言っておく

式場に着いたら誰でもいいので式場スタッフに受付であると言っておきましょう。

そうしたら式場スタッフが受付の方はこちらで待機しておいてください、など言ってくれますのでそれに従えば問題ありません。

式場スタッフ同士は電話や無線でやり取りするので、受付担当の式場スタッフにすぐに連絡を取ってくれますよ。

式場スタッフに指定されたところで待機しながらもう1人の受付の方が到着するのを待っていましょう。

式場スタッフによる受付の説明

受付が全員そろったら受付担当の式場スタッフによる受付の説明を受けます。

受付のやり方は受付担当の式場スタッフにより丁寧に説明を受けると思いますが、簡単に説明します。

なんとなくイメージがつかめたら嬉しいです。

受付の仕方

  1. 式場スタッフに呼ばれたら受付のところに待機する
  2. 1人は参列者の方からご祝儀を受け取り、芳名帳に名前を書いてもらって席次表を渡す
  3. もう1人はご祝儀に書いてある名前を元に名簿をチェックする
  4. 受付は新郎新婦の代理なので、「結婚おめでとうございます」と言われたら「ありがとうございます」と返す
  5. 参列者の方全員からご祝儀をもらい、チェックができたらご祝儀を一つの袋にまとめる(袋は式場スタッフの方が準備)
  6. その袋を新郎側の受付なら新郎の親に、新婦側の受付なら新婦の親に渡す
  7. 受付終了!

受付のポイント

受付は基本的に新郎側で2人、新婦側で2人です。

新郎側と新婦側でなんとなく壁がありますが、勇気を持って話しかけてみると出会いがありますよ笑。

ちなみに私が受付したときは全く新郎側の受付の方とお話をしませんでした。

また受付には挙式の前にやるパターンと後にやるパターンがありますが、基本的にやり方は変わりません。

挙式の後にやるパターンだと人が一気に来るので結構忙しいってぐらいですかね。

ご祝儀を受け取るか名簿をチェックするかは受付を開始する前に決めておきましょう。

私は名簿をチェックする側でしたが、名前が見つからなくて結構焦りました。

受付は始まるとすごく忙しいので、配置を変えたり、名前が見つからないご祝儀は端においておくなどして、自分のやりやすいように工夫をしましょう。

新郎新婦の親が受付を開始する前に挨拶しに来ると思いますので、親の顔がわからなくても大丈夫です。

もし挨拶がなくて顔がわからないという場合は受付担当の式場スタッフに声をかけましょう。

受付担当の式場スタッフは受付の近くに基本的にずっといますので、困ったことがあれば何でも聞くのがいいですよ。

まとめ:結婚式の受付は新郎新婦の代理!大変だけど頑張りましょう

私は始めての結婚式の受付を担当して緊張しましたが、意外と何とかなります。

式場スタッフの方が懇切丁寧に説明してくれますし、わからないことがあれば何でも聞けますよ。

遅刻することが一番やってはいけないことなので、遅刻だけは注意しましょう。

新郎新婦の代理としてスムーズな受付ができるように頑張りましょうね。

以上です!

関連記事

自分が結婚式をやろうと考えている方はこちらもチェックしてみてください。

ABOUT ME
ひとみ
生まれも育ちも神奈川県の28歳子育て主婦。 システムエンジニアだったが、結婚・出産を機に退職し、現在は息子を育てながら日々同じようなことをして過ごしている。 好きなことはテレビを見ることや携帯ゲームをすること。 ブログでは子育てやライフイベント関係を中心に発信していく。