結婚

結婚式で着るドレスは失敗したくないけど費用も抑えたい!ドレス選びの節約ポイント3選

こんにちは。ひとみです。

ウェディングドレスやカラードレスを選ぶのはすごくワクワクしますよね。

私は小さい頃からドレスを着るのが夢だったので、ドレスを目の前にしたときは感動しました。

日本人なので白無垢もかなり惹かれたのですが、やっぱりドレスの魅力には勝てず、ウェディングドレスを着ることにしました。

結婚式場を契約してすぐにドレス選びが始まります。

ドレス選びはこだわる方も多いので、何日もかけて決めるみたいですよ。

私は提携ドレスショップの「フォーシスアンドカンパニー」だけでなく、外部のドレスショップも見たのですが、費用と手間を考えて提携ドレスショップでドレスをレンタルすることにしました。

ドレスって思っていた以上に値段が高いんですよね。

レンタルなのに数十万かかってしまいます。

私はドレスにあまりこだわりがなかったので、費用のことを考えて提携ドレスショップの一番安いプランの中からドレスを選ぶことにしました。

ドレスにこだわりを持つ方は値段が高くなることは覚悟しておいた方がいいですよ。

ドレスに対してこだわりのない私ですが、費用は安くできないかといろいろと検討しました。

そこで3つのポイントを押さえればドレスの費用を節約できることがわかったので、今回そのポイントを紹介します。

  • 結婚式で着るドレスの費用を抑えたい
  • でも自分が気に入ったドレスを着たい
  • 費用を抑えるためならちょっとぐらいの手間はしょうがない!

という方は是非読んでみてください。

ポイント1:ドレスを持ち込むか提携ドレスショップで決めるか

まずドレスを選ぶためには大きく分けて、

  • ドレスを持ち込む
  • 提携ドレスショップの中からドレスを選ぶ

の2つに分かれます。

ドレスを持ち込む場合

  • 自分の気に入ったドレスを着ることができる
  • ドレスの数が多いため、サイズが入らないということが起こりにくい
  • 外部のドレスショップには値段の安いものから高いものまで幅広く置いてあるため、ドレス料を安くすることができる
  • ドレスを購入した場合は結婚式が終わってからの処分を考えなればならない
  • 結婚式場のドレス管理費がかかることが多い
  • 結婚式への持ち込みが手間
  • ドレス以外にも小物も用意しなけらばならない

ドレスを持ち込む場合は、手間と時間がすごくかかりますが、費用を安くしたり自分の気に入ったドレスを着ることができます。

  • ドレスの費用を抑えたい
  • ドレスにこだわりがある
  • 結婚式準備に時間と気持ちの余裕がある

という方はドレスを持ち込むのをおすすめします。

提携ドレスショップの中からドレスを選ぶ

  • ドレスを持ち込みする手間がかからない
  • ドレスだけでなく小物も用意してくれる
  • 結婚式が終わったら、ドレスを返却するだけで終了
  • 提携ドレスショップのドレスは数が少ないので、自分が気に入ったドレスやサイズが無いことがある
  • 提携ドレスショップはプランで値段が分かれているが、一番安いプランでも数十万かかる
  • 気に入ったドレスがあっても他の方が使用している場合は使用できない

提携ドレスショップの中からドレスを選ぶ場合は、ドレスの選択の幅が狭くて費用も高くなりますが、結婚式場と提携しているため手間と時間は全然かかりません。

  • 手間と時間をかけたくない
  • ドレスにこだわりがない

という方は提携ドレスショップの中からドレスを選ぶことをおすすめします。

ちなみに私は手間をかけたくなかったので、提携ドレスショップからドレスを選ぶことにしました。

一番安いプランのドレスはどれも微妙だったのですが、一つランクの高いプランのドレスを特別に一番安いプランでもいいと言ってくれましたし。

ちょっとドレスショップの店員さんにダメ元で無理を言ってみるのもおすすめですよ。

私が結婚式で着たドレスを紹介します。

ウェディングドレス

カラードレス

ポイント2:ドレスに補償をつけるか

ドレスを外部で購入した方は関係ないのですが、提携ドレスショップの中には衣装補償というものがあります。

ドレスのプランが数十万かかるのに衣装補償でまたお金をかけさせるのかとちょっと嫌な気持ちになりましたけど、そこはぐっと我慢。

私のドレスショップの衣装補償は

  • ドレス:1枚につき約1万円
  • タキシード:1枚につき約4千円

プランを予約した後だと安く感じますが、一回ドレスのお色直しを考えると計2万4千円です。

結構高いですよね。

衣装補償をつけた方がいいのかと確認したところ、

「外で写真撮影をする場合や汚されそうな場合があるときはつけた方がいい」

ということでした。

衣装補償をつけなくても通常の汚れ(汗汚れ、床を歩くことによる埃汚れなど)はついても問題ないとも言っていました。

私はドレス姿で外にもいかないし、羽目を外しすぎる人もいないから大丈夫だと思って補償をつけませんでした。

案の定、特に問題もなく無事に結婚式が終わりました。

しかし結婚式が終わってからドレスショップとトラブルが起きました。

結果的にはお金は払わなくて済みました。

そしてもし弁償することになっても一万円だったそうです。

  • 外での写真撮影やイベントがある
  • 心配性
  • 羽目を外しすぎる友人がいる方

という方は衣装補償をつけた方がいいと思いますが、それ以外の方は別につけなくても問題ないと思いますよ。

ポイント3:下着を持ち込むか提携ドレスショップで購入するか

ドレスの下に着る下着はレンタルすることができず、必ず購入することになります。

しかも普通の下着ではだめで、必ずドレス専用の下着をつけないといけません。

コルセット的ながっちり固定されるものを。

下着も提携ドレスショップにあるものにするか、下着を持ち込むかで考えなければなりません。

下着を持ち込む場合

  • 自分の体形に合った下着を選ぶことができる
  • 有名な下着屋さんで選ぶこともできる
  • 友人と体形が同じなら、結婚式をした友人から借りることも可能
  • 下着の値段もピンからキリまであるので、安くさせることができる
  • 外部の下着屋さんに行って、サイズを測ってもらう必要がある
  • ドレスから下着がはみ出さないか確認しなければならない

下着を持ち込む場合は、わざわざ下着屋さんに行かなければいけないので手間がかかりますが、自分の体形に合うものを購入することができます。

もし結婚式前で妊娠してしまった方は月齢で体形が変わるので、結婚式の直前で下着屋さんで購入するのがいいと思います。

  • 妊娠中
  • 下着の費用を抑えたい
  • 自分の体形に合ったサイズ・形を選びたい

という方は下着を持ち込むのをおすすめします。

提携ドレスショップにある下着にする

  • ドレス選びの時に一緒に決めることができる
  • 提携ドレスショップにあった下着なので、ドレスから下着がはみ出る心配がない
  • 外部で購入するより高くなる
  • 下着の種類が少ない

提携ドレスショップにある下着にする場合は、下着の費用が高くなりますが、手間がかかりません。

  • 結婚式の準備の時にさっさとサイズを測って下着を買いたい
  • 下着の費用はちょっとぐらい高くなっても楽したい

という方は提携ドレスショップにある下着がおすすめです。

私は結婚式の準備中に妊娠してしまいました。

なので結婚式の直前に外部の下着屋さんでサイズを測ってもらって持ち込む予定でしたが、私の提携ドレスショップでは妊婦さんに対応した下着も扱っていました。

体調も悪かったので、提携ドレスショップで下着を購入することにしました。

妊娠中でも提携ドレスショップの下着を使用することが可能な場合があるので、一度確認してみるといいですよ。

まとめ:ドレスは節約しながら自分の気に入ったものを着よう!

ドレスを節約するポイントは

  • ドレスを持ち込むか提携ドレスショップにするか
  • 衣装補償をつけるかどうか
  • ドレスの下着も持ち込むか提携ドレスショップにするか

この3つを抑えれば安く、自分の気に入ったドレスを着ることができます。

ドレスの値段は本当に高いので、1万円ぐらいは誤差のうちと錯覚しがちです。

ドレスだけでなく小物選びにも慎重に検討していきましょう。

自分の予算と手間を考えながらドレス選びを進めていってください。

でも調べすぎると疲れてしまうので、ほどほどにしましょうね。

以上です!

関連記事

ABOUT ME
ひとみ
生まれも育ちも神奈川県の28歳子育て主婦。 システムエンジニアだったが、結婚・出産を機に退職し、現在は息子を育てながら日々同じようなことをして過ごしている。 好きなことはテレビを見ることや携帯ゲームをすること。 ブログでは子育てやライフイベント関係を中心に発信していく。