離婚

【体験談】別居中、相手ともめないように元の家から荷物を取りに行こう

引っ越しする家

こんにちは。ひとみです。

別居する時に全ての荷物を持っていかないと、あとで取りに行くことになりますよね。

私は里帰り出産→別居になったので、ほとんどの荷物を元の家に置きっぱなしです。

次回の調停で離婚が確定しそうなので、離婚する前に荷物を取りに行くことにしました。

 

今回は荷物を取りに行く前にやることと、実際に荷物を取りに行った時の体験談を紹介します。

  • 別居しているけど元の家に荷物が置きっぱなし
  • 元の家から荷物を取りに行ってスッキリしたい
  • 早く相手と縁を切りたい

というあなたは、ぜひ読んでみてください。

荷物を取りに行くとき、相手ともめないためにやること

夫婦喧嘩

円満離婚でも、荷物のことでもめることがあります。

寛容な人だと「全て持っていっていいよ」と言ってくれるかもしれませんが、ケチな人だと「全て置いてけー」となる可能性があります。

準備万端にして、相手ともめずに荷物運びをしましょう。

自分の荷物だけを取りに行く

自分の荷物だけを取りに行くなら相手ともめることは少ないです。

でも、

  • 夫婦のお金で買った高価なもの
  • 現在使っている家具家電

を持って帰る時は注意が必要。

 

夫婦になってから買ったものは基本的に夫婦の共有財産です。

  • 結婚前に買ったもの
  • 自分だけしか使っていないもの

は持って帰っても大丈夫ですが、もめそうなものはしっかりと相手と話し合ってから持って帰るようにしましょう。

相手に事前連絡をする

相手と険悪な状態だと連絡したくないですよね。

私なんか相手から連絡があると心臓バクバクでストレスが半端ないです。

 

でもすでに家を出ているなら、鍵を持っていたとしても無断で入ってはいけません。

最悪、不法侵入で訴えられることもありますよ。

連絡をとりたくない気持ちは痛いほどわかりますが、相手とより険悪な状態にならないためにも必ず相手に連絡するようにしましょう。

もし相手ともめそうなら弁護士に相談する

荷物を取りに行くときに相手ともめそうなら弁護士さんに頼るのもありですよ。

市役所で弁護士さんの無料相談をやっているところもあります。

 

私は離婚調停を弁護士さんに依頼しているので、荷物を取りに行くことについては何度も相談に乗ってもらってました。

弁護士さんから、

  • 荷物を取りに行く連絡をしたくないなら代わりにやってあげる
  • もし1人で取りに行くのが不安なら、一緒に手伝ってあげる

と提案もされました。

申し訳なかったので提案は辞退したのですが、気にかけてくれる人がいるのは嬉しかったです。

自分で解決するのが無理そうなら、早めに弁護士さんに無料相談しましょう。

弁護士さんの中にはできる人とできない人がいます。

私は姉に紹介されたできる弁護士さんでしたが、夫の弁護士さんははっきり言ってポンコツです。

ポンコツの弁護士さんに当たらないようにすぐに契約はしないで、ネットでサイトから情報を得るようにしましょう。

荷物を取りに行く方法は2パターン

荷物を取りに行くには、

  • 荷物が少ない→車を使う
  • 荷物が多い→引越し業者を使う

この2パターンがあります。

自分が持って帰る荷物によって使い分けるようにしましょう。

荷物が少ない場合は車を使う

私の場合は家具家電を持って帰らなかったので、実家の車で荷物を取りに行きました。

全部入るかどうか心配でしたが、なんとか後部座席に全部荷物を詰め込むことができましたよ。

もし荷物が多い場合はもう一度取りに行かなくてはいけなくなるので、気をつけてください。

 

家具や家電を車で運ぶのは無理ですが、服や本などの小物だけを運ぶなら車でも大丈夫。

「家具や家電はいらない!」という人向けの運び方です。

事前に服などを詰める袋の準備をしておく必要がありますが、準備はそれだけなので楽ですよ。

布団用の大きな袋は洋服をドカドカ入れるのに最適。

「袋が足りない!」という事態にならないよう、袋はたくさん持っておくようにしましょう。

あとは荷物運びの当日を待つだけです。

小物だけを運ぶにしても量があると重いし、時間がかかるので誰かに手伝ってもらうようにしましょう。

  1. 兄弟
  2. 友人

この順に頼んでみたらどうでしょうか。

もし夫との仲がそんなに悪くないなら(悪くないなら離婚にもならないとは思いますが・・・)、夫に手伝ってもらっても構いません。

1人でやろうとするのは本当に大変なので、誰かに手伝ってもらうようにしましょう。

荷物が多い場合は引っ越し業者に頼む

家具家電などの大型のものを運ぶときは引越し業者に頼むようにしましょう。

引越し業者に依頼するのであれば、「離婚するので自分の荷物だけを運びたい」という旨を説明しておけばスムーズです。

そして早めに元の家に行って、梱包してから引越し業者に運んでもらうようにします。

もし梱包もやってくれる引っ越し業者なら、運ぶ荷物の整理だけをすればOK。

何を持って帰るのかを事前に相手と話し合っておいて、当日はスムーズに荷物の運び出しをするようにしましょうね。

引越し業者は1社だけでなく、複数の会社から見積もりをもらうようにしましょう。

引っ越しなんてほとんどが作業費ですからね。

交渉すれば安くなる可能性がありますよ。

離婚するとお金がかかるので、引越し業者でも節約するようにしましょう。

車で荷物を取りに行くときの当日の様子

2020年9月3日の調停で離婚が確定しそうなので、離婚前に私の荷物を取りに行くことにしました。

決行日は2020年7月26日(水)!

4連休の最終日です。

相手と連絡をしたくなかったのですが、嫌な気持ちを抑えながら連絡して、この日に決まったんです。

 

そして当日。

私の父が所有している車で、父・私・兄の3人で元の家に向かいました。

家具家電は持って帰らないので、引越し業者ではなく車を使うことにしたんですよ。

私の息子は家でお留守番。

荷物運びの邪魔になりそうなので、家で私の母と姉に面倒を見ていてもらうことにしました。

 

事前に到着時間を相手に連絡して、緊張しながらピンポンをしました。

家の鍵も持っていましたが、もう家を出ているので鍵を使うのも良くないかなと思ってピンポンしたんです。

離婚調停中の相手と会うのはすごく嫌でしたし、ストレスも半端なかったのですが、まぁしょうがないですよね。

挨拶もそこそこにして、さっさと作業を開始しました。

作業中もちょっとだけ相手と会話しましたが、ほとんどしゃべらなかったので気が楽でしたよ。

相手も気まずいらしく、立ってテレビを見たり、フラフラしていました。

1時間で作業終了!

持って帰れないものは相手に捨てておいてもらうことにしました。

鍵も相手に返してスッキリ。

後部座席がパンパンになりましたが、なんとか家に持って帰ることができました。

あとは全ての荷物を整理するだけ!

荷物を元の家から持ってきたら気持ちが晴れやかです。

あとは最後の調停をするだけで離婚問題終わりだー!

まとめ:元の家に置いてある荷物は早めに取りに行こう

引っ越し

元の家に置いてあっても自分の荷物は自分のものです。

取りに行くのは当然の権利なので、必要なのであればできるだけ早く取りに行きましょう。

 

私は自分の荷物を取りに行かずに2年半も別居生活を続けました。

「離婚してからでいいや」と思ったのですが、離婚するまで時間がかかるし、別居中に物がなくて困りましたよ。

遅かれ早かれ荷物を取りに行くなら、早めに取りに行ったほうが精神的にも楽になり、荷物も使えるので一石二鳥です。

 

持って帰る荷物の量にあわせて、

  • 車で持って帰る
  • 引越し業者を使う

どちらにするかを決めましょう。

また費用が発生した場合は領収書を残しておきましょうね(離婚が確定するまでは何があるかはわからないから)。

荷物を取りに行くのは大変なことですが、頑張ってください。

以上です!

ABOUT ME
ひとみ
2歳の息子を育てている29歳の主婦ブロガー。 離婚調停中で、今年中にシンママになります! 自分が経験した『子育て』を中心に記事を書いているので、気になったら読んでみてください。